「ファームイン守人(まぶりっと)」(えりも町)に再訪

2015年1月20日(火)

今回2回めの訪問となった「ファームイン守人(まぶりっと)」。

前回は、トータルフード・コーディネーター 高井瑞枝先生のご紹介で訪問。
2回目の今回は、東海汽船の総務部長・藤間修さんと共に来訪しました。

東海汽船(株)総務部長・藤間修さん
東海汽船(株)総務部長・藤間修さん

東海汽船(株)は、伊豆七島に就航している海運会社です。
そして東海汽船のレストラン船として東京湾遊覧船を運航している会社が、東海汽船のグループ会社・東京ヴァンテアンクルーズ。

東京ヴァンテアンクルーズは、私達夫婦にとって、御縁の深い船。

昇さんの出身大学の東京商船大学と、神戸商船大学の合同同期会が毎年7月に開催されている船であり、2009年9月には、東京・神戸商船大学卒業30周年の同期会が、東京ヴァンテアンクルーズで開催されました。

さらに、私達が北海道に移住したのが2010年3月末、その2ヶ月後の5月29日に、私達夫婦の新たな旅立ちへの歓送会が開いて頂いた会場が「東京ヴァンテアンクルーズ」です。

この日、昇さんの商船大学の同期の友人、大学の全寮制の同室の先輩や後輩の方々、昔の仕事関係の上司や同僚、40名程の皆さんが集まってくださいました。

ヴァンテアンでの歓送会(2010年5月29日)
ヴァンテアンでの歓送会(2010年5月29日)

そして、この日の司会をしてくださったのが藤間修さん。

司会者・藤間修さん
司会者・藤間修さん

藤間さんは、東京商船大学27期生の同期であり、現在、東海汽船(株)の総務部長さん。藤間さんは、その歓送会の企画、参加者への連絡、会場設定、司会に至るまで様々なお世話をしてくださいました。

思えば33年前の私達の結婚式の司会をしてくださった藤間修さんと徳永政男さん。

会者・藤間修さん(右)と徳永政男さん(左)(33年前)
私達の結婚式の司会者・藤間修さん(右)と徳永政男さん(左)(33年前)

懐かしくアルバムを開いてみたら、写真とともに、当時の司会の言葉が、すべてアルバムに記載されていました。

33年の時を超えて、蘇ってきたあの日。。。

明治記念館での結婚式(1982年10月2日)
明治記念館での結婚式(1982年10月2日)

藤間さんは、私達夫婦にとって、「結婚」の旅立ちと「セカンドライフ」の旅立ちという人生における2大イベントの大切なターニングポイントに立ち会い、そばでいつも見守ってくださる大切な友人なのです。

そんな深い御縁がある「東京ヴァンテアンクルーズ」。

東京ヴァンテアン 提供:MAPPLE 観光ガイド
東京ヴァンテアン 提供:MAPPLE 観光ガイド

前回「ファームイン守人」に訪問したとき、高橋祐之さんから、「えりも短角牛」が「ヴァンテアン」に納められているというお話を聞いたときは、ほんとにビックリ!

ヴァンテアンの料理長が、直々えりも町の短角牛王国・高橋ファームを訪れ、高橋祐之さんとの交流を経て、ディナーの食材にえりも短角牛の採用を決定したそうです。

えりも短角牛ロース肉は、ヴァンテアンのスペシャルプランのアニバーサリープラン、その中の最高級コース「ラグジュアリー(ディナータイムクルーズ)」のメインディッシュに採用されています(ペアで¥45,000)。

このコースは、最高のお料理と窓側席優先の特典付きのプライムプランです。こうしたご縁繋がりで、藤間さんの今回の「えりも短角牛を味わう北海道の旅」が実現しました。

夕食

焼肉小屋へ移動する前、オードブルとして登場した「えりも産毛ガニ」に感謝感激!

えりも町は、北海道有数の毛ガニの名産地であり、12月に毛ガニ漁が解禁になったばかり、まさに最盛期の毛ガニです。

最盛期のえりも産毛ガニ
最盛期のえりも産毛ガニ
プリップリの毛ガニの足
プリップリの毛ガニの足
高橋さん自ら裁いてくださった毛ガニ
高橋さん自ら裁いてくださった毛ガニ
「これがえりもの毛ガニです」「ほぉ〜〜〜!」
「これがえりもの毛ガニです」「ほぉ〜〜〜!」

言葉が出ない程の美味しさ!
ただひたすら味わい尽くしました!!!

そして、焼き肉小屋へ!

スペインのワイン(辛口フルボディ)の「Marques de laConcordia」(マルケス・デ・ラ・コンコルディア)は、高橋さんからの嬉しいプレゼント!
お肉と相性のいい、果実の香り豊かなワインです。

スペインのワイン
スペインのワイン

えりも短角牛は、極上のリブローズステーキをはじめ、カルビ、サガリ、タン、ハツ、ミノ、レバー、ホルモン、ウインナーなどなど。

感動のリブロースステーキ
感動のリブロースステーキ

野菜は、もやし・玉ねぎ・キャベツ・かぼちゃなど盛り沢山。味付けは塩コショウのみで、高橋さんご夫妻自ら、手際よく焼いてくださました。

奥様・秀子さんも一緒に
奥様・秀子さんも一緒に
手際よく焼いていく高橋さん
手際よく焼いていく高橋さん
美味しい短角牛が勢揃い
美味しい短角牛が勢揃い
野菜たっぷり!
野菜たっぷり!

お肉の脂身は、普段口にしないという藤間さんが、パクパクペロリと平らげてしまいました!

ジュワーッと醸しだされる短角牛独特の旨味に感動しながら、じっくりと噛み締め、ゆっくりと味わい尽くしました。

えりも短角牛の素晴らしさを存分に堪能できたことを心より感謝いたします。ごちそうさまでした。そして、ありがとうございました!

食後、宿泊棟「ファームイン守人」で飲み会

食後に登場したものは、秀子奥様手作りの「鮭の飯寿司」。
ほどよい酸味と旨味が凝縮して、とってもまろやかな味わいで実に美味しかったです!!!さすが!秀子さん!

秀子さんの手作り鮭の飯寿司
秀子さんの手作り鮭の飯寿司

そして、藤間さんがお土産に持参してくださったのは、長野の日本酒蔵元 信州銘醸の純米濃縮熟成酒「醲献(jo-con じょうこん)」。

純米濃縮熟成酒「醲献(jo-con じょうこん)」
純米濃縮熟成酒「醲献(jo-con じょうこん)」

「醲献」は、米の磨きを極力抑えた酒米を使用し、無濾過の生原酒を極低温で凍らせて濃縮したもの。

純米でありながら、アルコール度38,5度を実現したお酒、とろりとした紹興酒のような濃厚な味わい、仄かな甘味と高いアルコールのバランスが絶妙で、味わい深いお酒です。

藤間さんのお薦めで、バニラアイスに「jo-con」をかけて頂きました。イタリアンデザートの「アフォガード」のような、リッチで素敵な味わいで感激!

楽しい会話は、自然が豊かで、雄大な北海道の食べものの話題で盛り上がり、北海道の食材の限りない魅力は、語り尽くせないほど広がっていきました。

朝食

えりもの海にきらめくオレンジ色の朝陽を浴びて、迎えた穏やかな朝。

えりもの朝陽
えりもの朝陽

朝ごはんは、秀子さん手作りのあったかい朝ごはん!

美味しい朝ごはん
美味しい朝ごはん

鰈の煮付け、酢だこ、蛸刺し、昆布の佃煮、手作り豆腐、
海藻の味噌汁、漬物、納豆、サラダなどなど、海の幸が盛り沢山!
朝からしあわせ気分〜 ♬

食後に、えりもの牛さんたちが戯れる広大な牧場、牛舎などを案内して戴きました。

冬の牧場
冬の牧場
牛舎
牛舎
ギョロ!どなた?
ギョロ!どなた?

強風や寒さに向き合いながら、元気いっぱい動き回る牛さんたち。心に残る貴重な体験をさせて頂き、楽しいしあわせなひとときを満喫できました。

高橋祐之さん・秀子さんご夫妻の温かいお心遣いに心から感謝いたします。ありがとうございました。

えりもの海に降り注ぐ太陽の光
えりもの海に降り注ぐ太陽の光

写真(79枚)はこちら >>

◆ 関連記事

<道新ブログ> 【日高・胆振・石狩】襟裳岬〜支笏湖ドライブ 2泊3日(2015年1月16日)
短角王国 高橋ファーム「ファームイン守人(まぶりっと)」(えりも町)(2014年12月9日)
感謝!夫婦の新たな旅立ちの歓送会@東京ヴァンテアンクルーズ・サンセットクルーズ(2010年5月29日)

✧ noboru & ikuko

短角王国 高橋ファーム「ファームイン守人(まぶりっと)」

地図:短角王国 高橋ファーム「ファームイン守人(まぶりっと)」北海道幌泉郡えりも町えりも岬 406-1
Tel:01466-3-1129 
【チェックイン/アウト】
 ・ 5月 ~ 9月 16:00 / 10:00
 ・10月 ~ 4月 14:00 / 10:00
【宿泊した部屋】 和室(2F)
【温泉/貸切風呂】無し / 家族風呂

焼肉小屋「短々(たんたん)」
 ・09:00 ~ 17:00
 ・17:00 以降は予約制(冬季も営業しています)
 ・定休日:毎週火曜日

【ホームページ】短角王国 高橋ファーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です