サン・プリンセス乗船記 5「北海道周遊とサハリンクルーズ8日間」2014 <船内イベント編1>メートルディーワインクラブ

2014年7月22日(火)

乗船5日目に「メートルディーワインクラブ」が開催されました。

メートルディワインクラブ

メートルディーのワインクラブ

・メートルディー:レストラン総支配人・ジェネローソ・マッツォーネ
・場所:マーキスダイニングルーム5F)

レストラン総支配人・ジェネローソ・マッツォーネ

サン・プリンセスの名高いワインセラーの中から、
セレクトされたスペシャルワインの試飲です。

6本のセレクションワイン

ワイン6種類のテイスティング

1.ヴーヴクリッコー・ブルート

・フランスのシャンパン
・繊細でフレッシュな味わい
・魚料理に合う、フルボディのシャンパン
・1987年ヴーヴクリコ社は「ルイ・ヴィトン」と合併

.ヴーヴクリッコー

2.シャブリ・プルミエ・クリュ

・フランスの辛口白ワイン
・Chablis(シャブリ)はワイン生産地の名前
・Premier(プルミエ)は「1級の」、Cru(クリュ)は「区画」の意味
・「シャブリ プルミエ・クリュ」は「シャブリの1級畑」
・さらに上位の「シャブリの特級畑」は「グラン・クリュ」
・力強さとエレガンスを兼ね備えた味わい

シャブリ・プルミエ・クリュ

3.ピノ・グリージョ・サンタマルゲリータ

・イタリア辛口白ワイン
・洋梨やリンゴのような豊潤な果実香
・伸びやかな酸味としなやかさが広がる

ピノ・グリージョ・サンタマルゲリータ

4.カベルネ・ソーヴィニヨン・ジャック・ロンドン

・カリフォルニア・ソルマ原産 辛口赤ワイン
・ブラックベリー、チョコレート、スパイスなど複雑なニュアンスを持つフルボディスタイル
・力強くエレガントな余韻が楽しめます

カベルネ・ソーヴィニヨン

5.ルーチェ・デラヴェイータ・モンタルチーノ

・イタリア・トスカーナ原産 赤ワイン
・ワインの名「ルーチェ」は、輝く太陽とそれを取り巻く12の炎をもつコロナ(散乱光)
・高密度で濃縮された深い色合い
・ソフトで絹のようなタンニン、しっかりとしたコクと洗練された味わい

ルーチェ・デラヴェイータ・モンタルチーノ

6.オーバーチューア・オプスワン

・サン・プリンセス特性赤ワイン(船内のみ販売)
・カルフォルニア ナパバレー原産赤ワイン
・落ち着きのある酸味とタンニンがとても調和の取れた味わい

オーバーチューア・オプスワン

マリアージュとしてプチカナッペ

6本のワインには、
それぞれのマリアージュとしてプチカナッペがセット。

エビ、スモーク、ロブスター、
クリームチーズ、サラミ、スモークチーズがトッピング。

マリアージュ カナッペ

シャンパン、白ワイン、赤ワイン、
それぞれに豊潤な香りと深い味わいでした。
色・香り・味について、
様々な味わい方を教えて戴きました。

光に透かして見る色あい

▷ 色:濃さと色合い
▷ 香り:そのままの香りとグラスを回して開いた香りの違い
▷ 味:口の中で転がして味わう

・空気を吸い込むように、鼻孔の昇ってくる香りを味わう、
・飲み干した後の余韻を楽しむ

6種類の個性的なワインとマリアージュを戴き、至福のひとときでした

セレクションワイン

終了後は、目がチカチカ、頭がグワングワン、心臓がバックンバックン、
足取りフラフラで、酔いを冷ますのに大変でした
試飲で、こんなになっては、まだまだ修行が足りませんね(笑)
大変学びの多いワインクラブでした ♬

その他の写真はこちら >>

◆ 関連記事・ページ

サン・プリンセス乗船記1 <全体編>
サン・プリンセス乗船記2 <船内編>
サン・プリンセス乗船記3 <食事編>
サン・プリンセス乗船記4 <ナイトショー編>
サン・プリンセス乗船記5 <船内イベント編1>メートルディーワインクラブ
サン・プリンセス乗船記6 <船内イベント編2>料理デモ&厨房見学ツアー
サン・プリンセス乗船記7 <ツアー編1> 函館オプショナルツアー
サン・プリンセス乗船記8 <ツアー編2> コルサコフ(サハリン)
サン・プリンセス乗船記9 <景色編> 知床半島クルーズ
サン・プリンセス乗船記10完 <出会った人々編>

サンプリンセス・客船の紹介 <公式ホームページ>

☆ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です