サン・プリンセス乗船記1「北海道周遊とサハリンクルーズ8日間」2014 <全体編>

2014年7月8日(火)

サハリン沖の勇姿サン・プリンセス

外国船籍の客船クルーズは、今や「海のLCC(ローコストクルーズ)の時代を迎えています。
期間も値段も高額だった時代と異なり、比較的手が届くようなお手頃になってきました。

そして、客船クルーズは、シニア層に人気。
その訳は、何より「楽」という魅力。

最初から最後まで荷物を移動しなくてよく、
船内でのお金の出し入れもなく、
宿泊&食事が旅の間中確保されていることが
何によりも安心できるのです。

日常生活では味わえない異空間!
日本に居ながらにして、アメリカに訪れたように感じる瞬間!

ドレスアップをしてディナーのコースを味わったり、
アメリカンな食事を気軽にしたり、
エンターテーメントなナイトショーを楽しんだり、
海の景色・自然の素晴らしさを存分に味わうことのできる感動は、
夫婦で共に味わうことのできる、かけがえのない瞬間です。

今回初経験したクルーズは、バミューダ船籍の客船「サン・プリンセス」で航海する、
小樽発着「北海道周遊とサハリンクルーズ8日間」の旅(99,000円〜621,000円:HIS)。

小樽港のサン・プリンセス

小樽港を出港し、函館港、室蘭港、釧路港、知床半島を周り、網走港、
そして、ロシアのサハリン州コルサコフ港に寄って、小樽港に戻るクルーズです。

北海道の5港に、朝7時前後に入港し、夕刻5時以降に出港。
夜間に航海し、日中は港に停泊。
寄港地毎には、オブショナルツアーが設定されていて自由参加(有料)。

サン・プリンセスは、1995年にイタリアで建造され、
2010年に改装が行われた客船で、来年20年を迎えます。

大きさは、77,000トン、全長261m、全幅32m。
航海速力は、21ノット(39km/h)
乗客定員2,022人、乗組員数900人。

室蘭港のサン・プリンセス

今回のクルーズは、乗客数およそ1,200人で、乗組員約700人。
乗客の半数は日本人とのことでした。

最上階15階がサンデッキ、5階がレセプション(サービスカウンター)となっており、
4層吹き抜けのアトリウムが、綺羅びやかで、豪華な雰囲気です。

4層吹き抜けのアトリウム

客室は8階〜12階、それぞれの階に、内側・海側・海側バルコニー・スイートルームが設置されています。

食事は、メインダイニング(5階・6階)のでコース料理、
ホライゾンコート(14階)でバイキング、
ピッツェリア(8階)でピザ、
デッキのアイスクリームバー(12階)でアイスクリームが味わえます。

ディナーのメインディッシュ(マーキス・6階)

インターナショナル・カフェ(5階)でサンドイッチやケーキ。
ステーキハウス(8階・有料)や寿司レストラン海(8階・有料)でちょっと雰囲気を変えて。
バーやラウンジでカクテルやウイスキー等、ゆっくりと自分の時間を満喫。

船の全長が261mなので、
客室からレストランまで、左右、上下の移動が思いのほか長距離。
船内で運動不足を心配していましたが、とんでもありません。
食事をする度に、適度な運動をすることになりました。

船内でのイベントは、キャプテン主催のシャンパン・ウォーターフォール。
ドレスアップしてアトリウムへ。

シャンパン・ウォーターフォール

プリンセスシアター(7階)で開催されるミュージカル、
ダンスショーやマジックショー等の豪華なエンターテイメントは、
毎晩のお楽しみ!

プリンセスシアター(7階)のナイトショー

その他、インターネットカフェ、図書館ルーム、フィットネスセンター、
スパ、美容室、プールなど様々な楽しみ方ができます。

船内では、基本は英語ですが、
日本語が話せるスタッフがおよそ100人ほど乗船しているので、全く問題ありませんでした。

その日の船内イベントは、毎朝客室テレビで放送されました。
さらに時間や場所に付いての詳細は、
毎朝、船内新聞(プリンセスパター)が各部屋に届けられます。

船内新聞

客室内は、専任のスタッフが毎日丁寧に掃除し綺麗にしてくれるので、
気持ちよく過ごせました。掃除完了後毎日、ベットにはチョコレートのプレゼントが!

テレビが故障して映らなくなってしまった時も、敏速に対応してくださり感動!
技術者が確認して、別のテレビと交換。1時間ほどで復旧しました。
スタッフの皆さん、にこやかで明るいおもてなしでした。

船内全体の温度・湿度調整もよく、毎日を快適に過ごせました。
ホテルのように室内が乾燥しているのかと思いましたが、全くそんなことはありませんでした。

天候も比較的良い日が続いたので、船の揺れも少なく、
夜はぐっすりと快眠。あっという間に朝が訪れました。

トイレもとても綺麗。。
客室にはないウォシュレット(スイート以上はあり)も、
パブリックエリアのトイレには完備されています。

歯ブラシ・歯磨き粉は用意されていないので忘れずに!
ドライヤー、バスタオル、バスローブ等はセットされています。
シャワールームは狭くて、最小限の広さ。やはり、お風呂が恋しくなりました。

オプショナルツアーは、函館とサハリンの2寄港地を選択。
その他は、港をのんびりお散歩したり、
シャトルバスを利用したり、タクシー観光(2時間)を利用したり、
自由にその日の気分で行動!

横綱記念館(福島町)byオプショナルツアー

毎日変化に富んで、有意義な時間を楽しんだ1周間でした。

次回は、テーマ別に(船内、食事、イベント、オプショナルツアー、写真撮影、景色などなど)
ご紹介していきます。

リドデッキ

◆ 関連記事・ページ

サン・プリンセス乗船記1 <全体編>
サン・プリンセス乗船記2 <船内編>
サン・プリンセス乗船記3 <食事編>
サン・プリンセス乗船記4 <ナイトショー編>
サン・プリンセス乗船記5 <船内イベント編1>メートルディーワインクラブ
サン・プリンセス乗船記6 <船内イベント編2>料理デモ&厨房見学ツアー
サン・プリンセス乗船記7 <ツアー編1> 函館オプショナルツアー
サン・プリンセス乗船記8 <ツアー編2> コルサコフ(サハリン)
サン・プリンセス乗船記9 <景色編> 知床半島クルーズ
サン・プリンセス乗船記10完 <出会った人々編>

サンプリンセス・客船の紹介 <公式ホームページ>

☆ noboru & ikuko

“サン・プリンセス乗船記1「北海道周遊とサハリンクルーズ8日間」2014 <全体編>” への3件の返信

  1.  ききさん、コメントありがとうございます!

    > 網走からのシャトルバスは何時から何時の間で出ましたでしょうか?

    残念ですが、港から道の駅までのシャトルバスの時間帯は不明です。

    網走港では、私達は午前中にシャトルバスを利用し道の駅まで行きましたが、
    その折、シャトルバスの発車時間も確認せずに、待機中のシャトルバスに乗車してしまいました

    ご参考になるかどうか心許ありませんが、当方のスケジュールは次の通りです。
    ・10時頃、下船。岸壁に待機していた、道の駅行き無料シャトルバスに乗車
    ・11時頃、道の駅発タクシー観光を利用
    (2時間2名:1万円。網走郷土資料館→網走市立美術館→モヨロ貝塚資料館→フラワーガーデン「はな・てんと」→流氷硝子館→サン・プリンセス桟橋)

    道の駅から、網走市内の施設巡回バスも出ていましたが、私達は利用しなかったので、残念ですが詳細はわかりません。
    お役に立てずに、大変申し訳ありません。

    ききさんのサン・プリンセスの船旅が、思い出に残る素敵な旅となりますようお祈り致しております。

    ◇ noboru & ikuko

    1. 早々にお返事頂きありがとうございます。こちらのクルーズの情報が探したのですがほとんどなく、貴重な旅行記、楽しく興味深く読ませていただきました。網走での行動が不安だったのですが、タクシーがあるとのこと、安心しました。本当にありがとうございました。

  2. 旅行記興味深く読ませて頂きました。私も8月末に参加が決まっており、いろいろ参考にさせていただき、楽しんでこようと思ってます。突然ですが、寄港地からのシャトルバスのことで教えていただきたい事が。網走からのシャトルバスは何時から何時の間で出ましたでしょうか?お教え下さい。お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です