鮨処有馬(札幌市)店主・有馬正隆さんは北竜町のご出身

2013年5月28日(火)

札幌市ススキノの真ん中に佇むお寿司屋さん「鮨処有馬(すしどころ ありま)」。
札幌でも指折りの、評判の高いお寿司屋さん。ダルビッシュ選手も訪れていた名店。

「鮨処有馬」の店主・有馬正隆さん(47歳)は、北竜町ご出身。サンフラワーパーク北竜温泉(北竜町)の支配人・有馬好章さんの弟さん。有馬支配人のご紹介で、ありがたくも訪れることができました。

カウンター席が7席。落ち着いた店内は、隅々まで清掃が行き届き、清潔感あふれています。キリッと引き締まった雰囲気が、有馬さんの心意気を表しているようなお店です。

棚に飾られていた器は「大野耕太郎さん」作。陶芸家の大野さんの作品は、私達がお気に入りのカフェ「ギャラリー陶居 & Cafe オルノ(滝川市江部乙)」で使われています。有馬さんもファンだと伺い、なんとも嬉しい!!!

穏やかで優しさにあふれた有馬さん。控えめながらも、お客様の話に耳を傾けます。素材の説明を添える丁寧で温かなおもてなしに、心ほっこり。素材の新鮮さにこだわり抜いた有馬さんの丹精こめた握りと、繊細な一品料理です。

お店の入り口
お店の入り口
紙製ランチョンマット
紙製ランチョンマット
紙製ランチョンマット
鮨処有馬(写真撮影:2013年5月22日)

カウンター越しに見る「匠技(たくみ)」。有馬さんの繊細で丁寧な仕事ぶりに、惚れ惚れと目が釘付け。一品一品は、十分に手間をかけ、しっかりと下ごしらえされたもの。数々のお料理から、誠実さと真心がじんわりと伝わってきます。

味の決めてとなる「たれ」「塩」「醤油」には、徹底したこだわり。最後にひとつまみ振りかける「塩」は、選びぬかれた「フランス産」。味付けがされている握りや刺身は、醤油を付けずにそのまま食します。

活仕立ての魚や貝が、巧な手さばきで手際よく裁かれ、絶妙な間隔で供される仕事ぶりに感激!
新鮮なネタとして使われる、ミソ、ワタ、内子がシャリに載せられ、素材を余すところなく堪能!
炙り、昆布〆、酢〆、添えられる薬味等、至る所に繊細な心配りがとても印象的!
季節の旬の素材を心ゆくまで楽しめる、今まで味わったことのない鮨処。

夜の9時から12時半までの3時間半、時間を忘れて味わうことのできた至福のひとときでした。優しさの中に、ちょっぴりお茶目な面も感じられる有馬さんと、北竜町の思い出話などで会話がはずみ、本当に嬉しかったです。

「良い寿司屋さんの見分けどころは?」という質問に対して、「清潔感です。仕事を終えてからの掃除は、正直きついものがあります。しかし、私が一番気をつけているところです」と、きっぱりと言い切った有馬正隆さんの瞳には、「誠実さ」と「継続する力強さ」が輝いていました。

有馬正隆さん
有馬正隆さん
有馬正隆さん
有馬正隆さん

「鮨処有馬」ご主人・有馬正隆さん
「北竜町の宝もの」として撮影することを、特別に許可していただきました。

▶ 今回戴いた、おまかせコース

・つまみ: ヤナギダコ(柔らか煮、昆布締め)
・箸休め: 梅干し・山ごぼう・生姜
・刺身:  ツブ貝、ヒラメとムラサキウニ(利尻町)巻、
      シャコ(小樽市)、タラバガニ・イバラガニの内子がけ 
・一品料理:海鮮スープ(大和芋がけ蒸し物)
・握り:  ヤリイカ(松前町)、炙りキンキ(網走市)、
      ホタテ(野付半島)、炙りホッキ(オホーツク海)、
      ボタンエビ、
      天然のキングサーモン(別名・大助(おおすけ))、
      毛ガニ、サバのがり巻、マグロ(青森県大間町)のトロ、
      穴子巻き(11貫)
・お椀:  アオサの味噌汁

▶ 今回戴いた、北海道の銘酒(日本酒)

・熊ころり(小樽市)
・国稀(増毛町)
・北斗随想(栗山町)
 他、季節により異なり、いろいろ味わえます。

ヤナギダコ(柔らか煮、昆布締め)
ヤナギダコ(柔らか煮、昆布締め)
ツブ貝
ツブ貝
ヒラメとムラサキウニ(利尻町)巻
ヒラメとムラサキウニ(利尻町)巻
シャコ(小樽市)
シャコ(小樽市)
海鮮スープ(大和芋がけ蒸し物)
海鮮スープ(大和芋がけ蒸し物)
タラバガニ・イバラガニの内子がけ
タラバガニ・イバラガニの内子がけ
ヤリイカ(松前町)
ヤリイカ(松前町)
炙りキンキ(網走市)
炙りキンキ(網走市)
ホタテ(野付半島)
ホタテ(野付半島)
炙りホッキ(オホーツク海)
炙りホッキ(オホーツク海)
ボタンエビ
ボタンエビ
天然のキングサーモン(別名・大助(おおすけ))
天然のキングサーモン(別名・大助(おおすけ))
毛ガニ
毛ガニ
サバのがり巻
サバのがり巻
マグロ(青森県大間町)のトロ
マグロ(青森県大間町)のトロ
穴子巻き
穴子巻き
巻物
巻物
北海道の日本酒・国稀
北海道の日本酒・国稀

北海道の旬の味を楽しみ、匠の技と心意気を堪能する「鮨処有馬」
お寿司の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる「鮨処有馬」に
限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。

▶ 関連記事

鮨処 有馬(札幌市)で雪コースを堪能(2016年1月14日)
鮨処 有馬(札幌市)移転して一新(2015年5月28日)
鮨処有馬(札幌市)店主・有馬正隆さんは北竜町のご出身(2013年5月28日)
ギャラリー陶居(とうきょ)& Cafe・オルノ(滝川市)(2013年3月17日)

✧ noboru & ikuko

鮨処有馬(すしどころありま)

(2014年12月に下記へ移転しました)

地図:鮨処有馬札幌市中央区南三条西4丁目 南3西4ビル4階
Tel:011-215-0998

【営業時間】18:00〜24:00
【定休日】 日曜日・祝日
【駐車場】 なし
 近隣の有料パーキングをご利用ください

【ホームページ】札幌 中央区 鮨処 有馬(ありま)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です