北海道神宮・開拓神社・穂多木神社・鉱霊神社(札幌市)を参拝

2017年1月11日(水)

北海道神宮は、札幌市中央区、円山公園に隣接する神社。

北海道神宮
北海道神宮

北海道の総鎮守として明治2年9月1日に創祀された北海道を代表する神社です。
御祭神は、大国魂神(北海道の生きとし生ける一切の生命の守護神)、大那牟遅神(開拓の指導神)、少彦名神(医薬・酒造りの祖神)、明治天皇が御祭神として祀られ、北海道の総鎮守として崇敬されている神社です。

俵を担ぐしめ縄
俵を担ぐしめ縄

境内は6万坪からなる広大な原始林に包まれた清浄な地で、生育する林や植物は、国の天然記念物として保護されています。

春には、約千本の桜と約2百本の梅の花々が一斉の開花し、見事な風景が広がります。

神聖なる樹木に包まれた境内
神聖なる樹木に包まれた境内

昨年の還暦、そして今年は、後厄の厄払いの参拝です。
還暦の後厄は男性のみなので、私は「神恩感謝」の祈祷をお願いしました。

還暦の後厄
還暦の後厄

「神恩感謝」。

神恩感謝の祈祷
神恩感謝の祈祷

午前8時頃、控殿にはたくさんの人々が祈祷待ち。祈祷は30分毎に行われているようです。仕事始めの参拝で、会社団体の方々が大半。。。

控殿で祈祷を待つ人々
控殿で祈祷を待つ人々

厳かに祈祷が開始され、笛と太鼓に合わせて 巫女さんが福鈴の舞で締めくくり。
ひとりずつ玉串を捧げ、二礼二拍手一礼の拝礼を行いました。

ご祈祷の徹下品(おさがり)として頂いた品々は、
御神札・お守り・お神酒・昆布・厄払御神箸・お札立等です。

徹下品(おさがり)の品々
徹下品(おさがり)の品々

参拝後は、境内をゆっくりと散策。
神宮茶屋「六花亭」にて、熱いほうじ茶と焼き餅を頂いて、ほっこり。。。

神宮茶屋「六花亭」
神宮茶屋「六花亭」
熱いほうじ茶と焼き餅でほっこり。。。
熱いほうじ茶と焼き餅でほっこり。。。

途中、樹木の間から木漏れ日が射し、
葉っぱからハラハラとこぼれ落ちる粉雪が光を浴びて
キラキラと煌めく様子が美しい。。。

光を浴びて木漏れ日舞い散る粉雪
光を浴びて木漏れ日舞い散る粉雪
神々しい光に包まれて。。。
神々しい光に包まれて。。。

滑る雪道に気を付けながら、ちょっと足をのばして、北海道神宮境内末社の三社「開拓神社」「穂多木神社」「鉱霊神社」を参拝。

「開拓神社」は、北海道開拓に心血を注がれた偉大な先人の労苦を偲び、その功績を永く伝えようと創建された神社。

開拓神社
開拓神社
キリリと背筋が伸びるような空気感漂う
キリリと背筋が伸びるような空気感漂う

「穂多木神社」は北海道拓殖銀行に永年勤務功労のあった物故役職員を祀る神社。

穂多木神社
穂多木神社

「札幌鉱霊神社」は鉱礦業従事者の殉職者を奉祀する神社。

札幌鉱霊神
札幌鉱霊神

境内の樹木は、杉・檜・オンコ・ナラ等古木や巨木、偉大なる御神木が多く、圧倒されるような空気感が漂う。。。

偉大なる御神木の数々。。。
偉大なる御神木の数々。。。
寄り添う巨木
寄り添う巨木

神聖なる光と空気に包まれて、心癒されるひととき。。。
素晴らしい空間に出逢え、偉大なる北海道神宮にて参拝できたことに、
大いなる愛と感謝と祈りをこめて。。。

神々しい光に照らされて。。。
神々しい光に照らされて。。。

写真(50枚)はこちら >>

関連記事

還暦厄祓・年祝@北海道神宮(札幌市)2016年1月13日

☆ noboru & ikuko

北海道神宮

地図:北海道神宮北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
社務所・Tel:011-611-0261

【祈祷時間】
・11月11日~2月14日
 09:00〜16:00
【駐車場】 
・北1条駐車場、南1条駐車場

【ホームページ】北海道神宮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です