還暦厄祓・年祝@北海道神宮(札幌市)

2016年1月13日(水)

北海道神宮は、札幌市中央区の円山公園に隣接する神社。
1869年(明治2年)に創建され、
4柱の神(大国魂神、大那牟遅神、少彦名神、明治天皇)が祀られています。

北海道神宮境内地案内図
北海道神宮境内地案内図

本殿の幕には菊紋(十六八重表菊)。
北海道神宮の祭神は、すべて男神であるために、
屋根の千木は、地面に垂直(外削ぎ)、鰹木は奇数。

本殿の屋根の千木と鰹木
本殿の屋根の千木と鰹木

大注連縄は、ほとんどねじりがなく、中央に2俵の米俵が載っています
(重さ400kg、太さ2.5m)。

大注連縄
大注連縄

私達夫婦は、今年の申年(丙申)で還暦を迎えます。
本来は地元の神社(碧水神社)での厄払いを予定していましたが、
祈祷日が、東京からの友人の来道によるアテンドの日程と重なったため、
北海道神宮(札幌市中央区)での祈祷となりました。

上社務所で「厄払い」のお願いをし、4枚綴の申込書に記入します。
初穂料(御祈祷料)を納め、控殿へ。

祈祷順序の説明があり、拝殿の入り口で巫女さんに4枚綴の内1枚を渡して入殿。
ご祈祷が開始され、最後に巫女さんの舞いが行われ、
ひとりずつ玉串を捧げ、拝礼を行います。(二礼二拍手一礼)

祈祷後に戴いたお土産「厄払いセット」は、御札、お守り(健康福寿お守り)、
お酒、刻み昆布、お神札立て(組み立て式木製の鳥居の形をした御札立て)です。

お土産のお払いセット
お土産のお払いセット

境内にある六花亭の神宮茶屋店の焼き餅「判官さま」は、
ここでしか食べられないお餅。その場で、焼き立てアツアツが提供されます。

六花亭の焼き餅「判官さま」
六花亭の焼き餅「判官さま」

参道には屋台がいくつか並んでいます。。。

屋台が並ぶ参道
屋台が並ぶ参道

還暦とは、60年で干支が一回りして生まれた年の干支にかえるという、
「元の暦に還る」ことを意味します。そして、赤は魔除けの色とされています。

生まれ変わった気持ちで、心新たに、
第二の人生を二人でゆっくりと歩んでいきたいと思います。

青空に透き通る氷柱
青空に透き通る氷柱

関連記事

北海道神宮・開拓神社・穂多木神社・鉱霊神社(札幌市)を参拝(2017年1月11日)

✧ noboru & ikuko

北海道神宮・ご祈祷

地図:北海道神宮北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
社務所・Tel:011-611-0261

【営業時間】時期により異なる
 09:00〜16:00(17:00)
【定休日】 なし
【駐車場】ご祈祷の場合は2時間無料
       
【ホームページ】北海道神宮・ご祈祷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です