町長がバスガイド〜浦臼町長・月形町長編〜「国道275号の歴史街道」(後編:浦臼町・斉藤純雄 町長編)シィービーツアーズ

2017年7月14日(金)

JR札沼線・石狩月形駅にて、バスガイド役が、月形町・上坂町長から浦臼町・斉藤純雄 町長へとバトンタッチ。

▶ 浦臼町・斉藤純雄 町長がお出迎え

月形町・上坂 町長と浦臼町・斉藤純雄 町長がガイド交代
月形町・上坂 町長と浦臼町・斉藤純雄 町長がガイド交代
真心がこもったおもてなし
真心がこもったおもてなし
JR札沼線の車両到着!
JR札沼線の車両到着!
お見送りに手を振る皆さん
お見送りに手を振る皆さん

途中、晩生内駅(おそきないえき)近くでは、町内会の皆さんの熱い歓迎による感動的瞬間!!!

晩生内駅にて
晩生内駅にて
駅に集まっ下さった沢山の町内会の方々の感動的な歓迎をうけて!
駅に集まっ下さった沢山の町内会の方々の感動的な歓迎をうけて!

浦臼駅では、「臼子ねえさん」の色っぽいお出迎え ♡

色っぽい臼子ねえさんのお出迎え♡
色っぽい臼子ねえさんのお出迎え♡

優しい笑顔の高橋運転手さんのお見送り

優しい笑顔の運転士さん
優しい笑顔の運転士さん

駅から徒歩3分で、レストラン「館(やかた)」へ。

駅から徒歩3分移動
駅から徒歩3分移動

レストラン「館」は貸し切り。40人が一遍に入店すると大変、ところが大丈夫でした。全員入口の外で待機。シィービーツアーズさんが準備されていた席次に従って、奥の席から名前が呼ばれ入店。とてもスムースな段取りにびっくり。しっかり準備されていました。

入店時には、名前が呼ばれ、決められた席に着席
入店時には、名前が呼ばれ、決められた席に着席

▶ レストラン「舘」にてランチ

エビフライカレーとデザートの浦臼メロンが最高!!!
旧郵便局庁舎だったという店内は広く、珍しい調度品が沢山飾られていました。

異国情緒あふれるインテリア
異国情緒あふれるインテリア
入り口の置物
入り口の置物

斉藤純雄 町長を囲んで和気藹々。。。

町長とお話も弾んで。。。
町長とお話も弾んで。。。
美味しいエブフライカレーに舌鼓!
美味しいエブフライカレーに舌鼓!
カレーにサラダにキンピラゴボウ!!!
カレーにサラダにキンピラゴボウ!!!

デザートは、斉藤純雄 町長からのプレゼントの「浦臼メロン」。感動的な美味しさ! ご馳走様でした!!!

ジューシーなメロンに感激!
ジューシーなメロンに感激!
心和むコーヒー
心和むコーヒー

▶ バスの中での斉藤純雄 町長のお話

浦臼郷土資料館について、JA札沼線などについて様々なお話がありました。

バスの中での斉藤純雄 町長のお話
バスの中での斉藤純雄 町長のお話

▶ 浦臼町郷土史料館

浦臼町における坂本龍馬の関係を浦臼龍馬会・畑山光 世話人が解説。
2階には、浦臼町出身の門田ピッケル創始者の門田直馬氏関係の資料・パネル等が展示。

門田直馬氏は、坂本龍馬の子孫である農民画家の坂本直行の父・坂本弥太郎と北海道入植以来の旧知の間柄だったそうです(帯広銘菓「六花亭」の包装紙のイラストは、坂本直行氏の作品です)。

浦臼町郷土史料館
浦臼町郷土史料館
浦臼町における坂本龍馬の関係を浦臼龍馬会・畑山光 世話人が解説
浦臼町における坂本龍馬の関係を浦臼龍馬会・畑山光 世話人が解説
坂本龍馬保存会の畑山光氏と夷谷社長
坂本龍馬保存会の畑山光氏と夷谷社長

▶ 坂本龍馬家の墓

坂本龍馬家の血縁の方々が眠るお墓。

坂本龍馬家の墓
坂本龍馬家の墓
説明される斉藤純雄 町長
説明される斉藤純雄 町長

▶ 鶴沼ワイナリーへ

バスの中での撮影
バスの中での撮影
バスから望むぶどう畑
バスから望むぶどう畑

ワイナリー見学の移動中のバスの中で、齋藤浩司 農場長から鶴沼ワイナリーについてのお話がありました。

齋藤浩司 農場長のガイド
齋藤浩司 農場長のガイド

「鶴沼ワイナリーは、小樽にある北海道ワインの直営農場として、1972年、今から45年前に栽培がはじまりました。垣根栽培によるワイン栽培です。

総面積447ヘクタール、ぶどう畑で100ヘクタールあります。日本で一番広いワインブドウ畑です。
垣根栽培の総延長は400kmとなり、ブドウの木は25万本。浦臼町の人口が2,000人弱となりましたが、その125倍もの数のワインが栽培されています。

左側に見えるのが、「ロンド(赤ブドウ系品種)」は3才になります。一番古い木で38才です。
右側が22才の木。この地域は、木の柱がすっぽり埋まる2m位まで雪が積るので、ブドウの木は、雪が降っても倒れないように、1才のときから斜めに植えています。

ブドウの木は、3才からの実を収穫します。木の年齢に合わせて肥料の種類や量が異なります。

毎年8月の最終日曜日には、この広場で『ワイン・フェスティバル』が開催されます。回りの山々が『樺戸連山』で、浦臼町で美しい山々です。

社員40名程で、草刈り・農薬散布などの作業にあたっています。この時期には、一人の社員が25万本の一本一本の木質の検査・確認して歩きまわります。

この辺では、夏にはエゾ鹿が新芽を食べに、そして秋には、アライグマがブドウを食べにくるので対応が大変です。こんな自然豊かな環境でぶどう栽培を行っています」と、丁寧に分かり易く説明してくださった齋藤浩司 農場長です。

バスを降りて、齋藤浩司 農場長の説明に耳を傾ける皆さん。ブドウの木、これから咲き始めるブドウの花などを見学。

ぶどうの木を見学
ぶどうの木を見学
ぶどうの木
ぶどうの木
小さな蕾
小さな蕾
広大なぶどう畑で。。。
広大なぶどう畑で。。。

その後、当日7月8日(土)に新発売された、浦臼ワインの白&赤を試飲。

ワインの試飲
ワインの試飲
皆さん、ワインをじっくり味わって。。。
皆さん、ワインをじっくり味わって。。。

ショップにてお土産のワイン選び。

ワインショップにて御土産選び
ワインショップにて御土産選び

この日(7月8日)発売となった、鶴沼農場限定のワイン。

この日が発売日となった浦臼農場限定ワイン
この日が発売日となった浦臼農場限定ワイン

▶ 神内ファーム

 普段は公開しないマンゴーハウス見学&八分咲きの神内ラベンダー畑を見学。

神内ファーム
神内ファーム

「プロミスの創業者である神内良一さん(今年6月に90歳で逝去)が、20年前mp1997年(平成9年)に、浦臼町の頓挫したリゾート開発地600ヘクタールの土地を購入。『農

業生産法人神内ファーム21』を設立されました。神内さんは、『北海道で農業をしたい』という夢を実現。マンゴー、いちじく、白桃、種無しぶどうなど、様々な種類の南方系果樹を栽培しています。

更に黒毛和牛・赤毛和牛の飼育を行っています。赤毛和牛は浦臼町のみで800トン、道南で黒毛和牛を飼育しています」と、色々説明してくださった斉藤純雄 町長です。

神内ファームについてお話くださった斉藤純雄 町長
神内ファームについてお話くださった斉藤純雄 町長
牧場で戯れる赤毛和牛
牧場で戯れる赤毛和牛
マンゴーハウスを望む
マンゴーハウスを望む
八分咲きのラベンダー畑
八分咲きのラベンダー畑
神内ファーム・石井文彦総務企画部長(中)、シィービーツアーズ・戎谷侑男 代表(右)、NHK田隈佑紀 記者(左)
神内ファーム・石井文彦総務企画部長(中)、シィービーツアーズ・戎谷侑男 代表(右)、NHK田隈佑紀 記者(左)

マンゴーハウスへバスで移動。バスの中では、総務企画部部長・石井文彦さんが、「神内ファーム」についての説明をしてくださいました。

総務企画部・石井文彦 部長のお話
総務企画部・石井文彦 部長のお話
創業者の想い「克冬制夏 我等道」
創業者の想い「克冬制夏 我等道」

普段入ることのできないマンゴーハウスの特別公開です。

ハウスをぐるりと回って
ハウスをぐるりと回って
実の数をカウントする作業員さん
実の数をカウントする作業員さん
紐で吊るされた見事なマンゴー
紐で吊るされた見事なマンゴー
貴重な体験に感謝!!!
貴重な体験に感謝!!!

貴重なマンゴーハウスでの見学体験をありがとうございました!!!

のんびり横たわる赤毛和牛さん
のんびり横たわる赤毛和牛さん
羊さんもお食事中
羊さんもお食事中

▶ ピンネ農協・中心蔵ライスターミナル

米穀乾燥調製貯蔵施設、米低温自動倉庫、籾殻処理施設、農産物検査場、多目的農業倉庫、サイロなどの施設について詳しく説明してくださいました。

田んぼからピンネ農協・中心蔵ライスターミナルを望む風景
田んぼからピンネ農協・中心蔵ライスターミナルを望む風景
わかり易く詳しい説明の数々
わかり易く詳しい説明の数々
耳を傾けて聞き入る皆さん
耳を傾けて聞き入る皆さん
施設内見学
施設内見学
整備が行き届いて立派な施設
整備が行き届いて立派な施設

帰りには、浦臼産特別栽培米「ななつぼし」をお土産にいただきました!!! ありがとうございました!

浦臼産特別栽培米「ななつぼし」
浦臼産特別栽培米「ななつぼし」
お土産を手渡す斉藤純雄 町長
お土産を手渡す斉藤純雄 町長
手を振ってお見送り
手を振ってお見送り

▶ 道の駅つるぬま

最後のトイレ休憩は、「道の駅つるぬま」にて。臼子ねえさんが最後のお見送りに!
浦臼町・斉藤純雄 町長とシィービーツアーズ・戎谷侑男 代表と一緒にパチリ!!!

臼子ねえさんと一緒にパチリ!
臼子ねえさんと一緒にパチリ!

「道の駅つるぬま」では、斉藤純雄 町長からのサプライズプレゼント「豆乳ソフトクリーム」に、皆さん大感激!!!

甘〜くて、冷たいソフトクリームは、暑さも疲れも吹き飛ぶ美味しさ!!!

最後の休憩場所「道の駅つるぬま」にて
最後の休憩場所「道の駅つるぬま」にて
豆乳ソフトクリームの嬉しいサプライズプレゼント
豆乳ソフトクリームの嬉しいサプライズプレゼント
皆さん、一列にならんで。。。
皆さん、一列にならんで。。。

▶ シィービーツアーズ・戎谷侑男 代表の最後のご挨拶

戎谷侑男 代表
戎谷侑男 代表

「町長さんのお話は、大変勉強になります。今日一日一緒に行動されてわかるように、町長さんは、自分の町の事を少しでも知ってほしいという想いが強いのです。

そのために、町長さんは、関係各所と連絡を取り、色々な事情を調整しながらスケジュールを組み立てていきます。今日一日ハードスケジュールでしたが、心地よい疲れを感じています。

皆さんとこうして一緒に行動することによって、様々なことがわかってくるので、良い部分や悪い部分の改善など、今後のツアーに役立てたいと思います。

シィービーツアーズとして、地域の元気を皆さんと一緒に盛り上げて行ければと思っています。これからも是非一緒にご参加いただければと思います。

今日は、ありがとうございました」と、戎谷侑男 代表のお言葉で、感動のツアーは終了となりました。

みなさんの温かいおもてなしの心から感謝!!!
みなさんの温かいおもてなしの心から感謝!!!

町民のみなさんの歓迎と温かいおもてなし、そして、地域・町の魅力を余すところなく町長さんが案内する、素晴らしい、究極のバスツアーに、大いなる愛と感謝と祈りをこめて。。。

素晴らしい旅を、ありがとうございました!

写真(321枚)はこちら >>

▶ 関連記事

町長がバスガイド〜浦臼町長・月形町長編〜「国道275号の歴史街道」(前編:月形町・上坂隆一 町長編)シィービーツアーズ(2017年7月13日)
・カテゴリー:町長がバスガイド

▶ バスツアー・シィービーツアーズ

 ・ホームページ・バスツアー「旅する」
 ・Facebook「シィービーツアーズ(北海道中央バスグループ)」

✧ noboru & ikuko

浦臼町

地図:浦臼町役場:北海道樺戸郡浦臼町字ウラウスナイ183-15
Tel:0125-68-2111
【面積】101 km²
【人口】1,983人(2016年9月30日)
【高齢化率】39 %(2016年1月1日)
【ホームページ】浦臼町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です