虎や(釧路市)港釧路の炉端焼きで厚岸産牡蠣を堪能

2018年1月16日(火)

釧路市末広町に位置する炉端焼き「虎や」。今回の旅の目的は、旬の牡蠣三昧。厚岸町産の牡蠣を釧路市で堪能!!

炉端焼「虎や」
炉端焼「虎や」

店長が、阪神タイガーズの大ファンということで、店名が「虎や」!

釧路港直送の新鮮な魚介類を目の前で、大将がガンガン焼いていく、ダイナミックな港の炉端焼きです。

豪快に!真剣に!
豪快に!真剣に!


店内はカウンター席、テーブル席、小上がり掘りごたつ席などおよそ100名可能! 活気あふれる店内には、阪神タイガーズの写真やタペストリーがあちこちに!

大将が豪快に焼く炉端焼き!
大将が豪快に焼く炉端焼き!

タペストリーで囲まれた店内
タペストリーで囲まれた店内

旬の牡蠣を目指してやってきたので、牡蠣ずくしから!!!

▶ ガンガン焼き:人気の蒸し牡蠣、甘味まろやか〜

蒸し牡蠣「ガンガン焼き」
蒸し牡蠣「ガンガン焼き」

日本酒は、釧路の地酒「北の勝」、「福司」。キリッと辛口!

釧路の地酒「福司」
釧路の地酒「福司」

お酒が進む牡蠣三昧!!! 

▶ 焼き牡蠣:旨味が凝縮!

焼き牡蠣
焼き牡蠣

▶ 生牡蠣:プリッ、ツル〜と、とろけます

生牡蠣
生牡蠣


▶ 牡蠣酢:ふっくり柔らか、酢との相性バツグン!

牡蠣酢
牡蠣酢

▶ カニサラダ:カニの身がたっぷり、キャベツもどっさり、ドレッシングたっぷり!!!

カニサラダ
カニサラダ

▶ 炉端焼き名物 焼き魚3点セット:ししゃも雄雌・こまい・ほっけ半身

焼き魚3点セット
焼き魚3点セット

▶ 串焼き:ささみ梅肉

ささみ梅肉
ささみ梅肉

▶ 卵焼き:ふんわりふっくら〜

とろふわ卵焼き
とろふわ卵焼き

思う存分牡蠣を堪能し、大満足!!!
ごちそうさまでした!

威勢のいい声が飛び交い、談笑や楽しい会話が響き渡る、独特の雰囲気を醸しだす居酒屋さんです。

豪快に、団体様用、お刺身舟盛り!!!

豪快にお刺身舟盛り!(団体様用)
豪快にお刺身舟盛り!(団体様用)

写真(40枚)はこちら >>

☆ noboru & ikuko

港釧路の炉端焼 虎や

地図:港釧路の炉端焼 虎や北海道釧路市末広町2-9-1
 ライオンビル釧路館1F
Tel:0154-25-0511
【営業時間】
・平日 17:00~24:00
・日・祝 17:00~23:30
【定休日】不定休
【駐車場】提携駐車場(2時間無料件進呈)
【ホームページ】港釧路の炉端焼 虎や ~新鮮・豪快 炭火焼き居酒屋~ – 北海道釧路市

ぱんちょう(帯広市)は元祖豚丼・松竹梅華のみ

2018年1月15日(月)

北海道帯広市にある豚丼専門店「ぱんちょう」は、1933年(昭和8年)創業、豚丼発祥の店。

元祖豚丼の「ぱんちょう」
元祖豚丼の「ぱんちょう」

店名「ぱんちょう」は、中国語で「飯亭(食堂)」を意味します。のれんをくぐると、目に飛び込んでくる立派なメニュー版。豚丼とみそ椀のみ!

豚丼とみそ椀のみ!
豚丼とみそ椀のみ!


豚丼は、松竹梅華の4種。豚肉の枚数によって、松(4枚)、竹(5枚)、梅(6枚)、そして華(8枚)。味噌椀は、なめこ椀とわかめ椀の2種類。

お茶とタクワン2切れ
お茶とタクワン2切れ

日当たりの良い、清潔な店内。普段は、行列ができるほど人気のお店。入店時は満席だったのですが、運良くお客様が出店し、空いた席に着くことができました。

日当たりの良い店内
日当たりの良い店内

それぞれ「梅6枚の豚丼 & なめこ椀」、「松4枚の豚丼 & なめこ椀」をオーダー。

蓋付きで豚丼がテーブルに運べれてきたとき、「蓋にくっついている場合がありますので、ご注意ください!」と店員さん。

豚肉6枚入りは、器からはみ出すほどの大きな豚肉がご飯に乗せられていました。焼き目の付いた厚切りの豚肉に醤油ベースの濃厚なタレがからみ、グリーンピースがトッピング! 炭で焼く香ばしさ、柔らかくて上品な味わい!

これぞまさしく元祖豚丼!ご飯に秘伝のタレがたっぷり染み込んで、じっくり最後まで堪能!

これぞ元祖・逸品豚丼
これぞ元祖・逸品豚丼

極上の元祖豚丼に出逢えて、良かった〜!
美味しかったぁ〜 ♡  ご馳走様でした!!!

極上の美味しさに、感謝!!!
極上の美味しさに、感謝!!!

写真(11枚)はこちら >>

☆ noboru & ikuko

ぱんちょう

地図:ぱんちょう北海道帯広市西一条南11-19
Tel:0155-22-1974

【営業時間】11:00~19:00
【定休日】 月曜、第1・第3火曜
【駐車場】 無し
(近くにコインパーキングあり)
【参考ページ】食べログ「ぱんちょう」

幣舞橋(釧路市)の美しい夕陽

2018年1月12日(金)

「世界三大夕陽(インドネシア・バリ、フィリピン・マニラ)」のひとつが、北海道・釧路市の夕陽。

そして「北海道三大名橋(豊平橋:札幌市、旭橋:旭川市)」のひとつが幣舞橋(ぬさまいばし・釧路市)です。

釧路川が河口付近で西側に大きく折れ曲がって太平洋に注ぐ冬の夕陽。幣舞橋からの夕陽は、夕陽の入射角度が深くなり、よりオレンジ色が濃く綺麗に見えるとのことです。

幣舞橋(釧路市)の美しい夕陽
幣舞橋(釧路市)の美しい夕陽

幣舞橋から沈みゆく夕陽を見つめ佇む人々。。。

その夕陽を見守るかのように、橋の欄干に立つ四季の女性像(春夏秋冬の像)。舟越保武 氏作「春の像」 、佐藤忠良 氏作「夏の像」 、柳原義達 氏作「秋の像」 、本郷新 氏作「冬の像」。

街灯、漁船、橋、そして海・・・港町ならではの風情溢れる風景が広がっています。そんな街の風景をオレンジ色に染めて、静かに沈みゆく大きな夕陽。。。

街をオレンジ色に染めながら。。。
街をオレンジ色に染めながら。。。

到着時間が遅れたため、橋の上から夕陽をながめることができなくて、ちょっと残念でしたが、遠くからしっかりと夕陽を捉えることができました。

心がほわ〜とあたたかくなるような、素敵な瞬間に出逢えて、しあわせ〜 ♡

港町の風情あふれる風景。。。
港町の風情あふれる風景。。。

☆ noboru & ikuko

幣舞橋(ぬさまいばし)

地図:幣舞橋(ぬさまいばし)北海道釧路市

・昭和51年11月完成
・長さ:124m、幅:33.8m
・橋のランカンには春・夏・秋・冬を表現する「四季の像」を配する
【有料駐車場】 近くに釧路河畔駐車場、MOO駐車場あり

【ホームページ】釧路・阿寒湖観光公式サイト