山崎ワイナリー(三笠市)のピノ・ノワール

2015年6月10日(水)

三笠市達布の丘陵地に位置する「山崎ワイナリー」。

山崎ワイナリー 入り口ポール
山崎ワイナリー 入り口ポール

米畑作農家の3代目・山崎和彦さん(58歳)が手がけるワイナリーです。

水はけの良い丘陵に広がるぶどう畑
水はけの良い丘陵に広がるぶどう畑
ワイナリーエントランス・門
ワイナリーエントランス・門

1998年にワイン用葡萄の栽培を開始し、4年後の2002年に醸造免許を取得。2003年から販売をスタート。
栽培のきっかけとなったのは、新潟県のカーブドッチワイナリーを立ち上げた落希一郎さんとの出会い(参考『日本ワインガイド』)。

葡萄栽培、醸造、瓶詰め、販売を一家5人で担う家族経営で、自家栽培葡萄にこだわったワインを年間約3万本生産しています。

ワインのラベルは、ご家族5人の指紋をあしらった花びら(赤ワイン)、五つ葉(白ワイン)がデザインされたもの。

ラベルデザインの五枚の花びら&葉
ラベルデザインの五枚の花びら&葉

ワイナリー敷地内には、醸造所の建物、ショップ、ファームイン(農家民宿)の建物が設置され、素敵な空間が広がっています。

ショップに続くエントランス
ショップに続くエントランス
敷地内建物
敷地内建物
ショップ入り口
ショップ入り口

薪ストーブ、木の温もりを感じる店内では、それぞれのワインの試飲ができ、味の違いをじっくりと楽しめます。

ワインのいろんな味わいをじっくり楽しめるセンターテーブル
ワインのいろんな味わいをじっくり楽しめるセンターテーブル
ショップの窓から望むぶどう畑
ショップの窓から望むぶどう畑
薪ストーブ、赤レンガ、木のテーブル&チェア
薪ストーブ、赤レンガ、木のテーブル&チェア

黒板には、たくさんの有名人のサイン。

黒に描かれたサイン
黒に描かれたサイン
可愛くアレンジされたワイン棚
可愛くアレンジされたワイン棚

ワインの薫りに誘われてうさぎさんがお散歩に訪れ、
猫ちゃんたちがほろよい加減で、愉快に音楽を奏でる・・・
そんな素敵な、心和むワイナリーです。

これから自宅でじっくり味わうピノ・ノワールが楽しみ ♬

ワインの薫りに誘われて・・・
ワインの薫りに誘われて・・・
ほろよい加減でメロディを奏でる猫ちゃん楽団
ほろよい加減でメロディを奏でる猫ちゃん楽団

< プライムステイ北海道・芳醇の丘・5話より >

写真(45枚)はこちら >>

▶ 関連記事

ぶどう畑のワイナリー・レストラン「オチガビ(Occi Gabi)」余市町・2回目の訪問(2015年5月13日)
ぶどう畑のワイナリー・レストラン「オチガビ(Occi Gabi)」余市町(2015年4月15日)

✧ noboru & ikuko

山崎ワイナリー(YAMAZAKI WINERY)

xxx北海道三笠市達布791−22
Tel:01267-4-4410

【営業時間】土・日のみ
 10:00~18:00(4月〜10月)
 10:00~16:00(11月〜3月)
【定休日】 月〜金
【駐車場】 あり(7〜8台分)

【ホームページ】YAMAZAKI WINERY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です