「シャトー・モンペラ」コミック『神の雫』第1巻

2013年1月6日(水)

結婚話をまとめるため、雫達が送り込んだのは、
ゴッホを思わせるワイン。
「メゾン・ルー・デュモン 2003」LOU DUMONT

ゴッホの最後の名作「花咲くアーモンドの小枝」を想わせる香り、
エチケットの「天・地・人」の文字・・・

天と地の間にある人の一文字、
それは、仲田氏のワイン造りのポリシー。
「人は天と地によって生かされている」というメッセージ。

「人もワインも純粋であることが大切なんじゃナイ。
気まぐれな天と地の狭間で 人は迷いながら試行錯誤を繰り返し、
時に汚れ、さまざまな異物を取り入れ、

逞しく成長しながら、生きていくもんじゃないかな?」

造り手は、日本人・仲田晃司氏。
1995年に渡仏し各地のワイン生産者のもとで醸造を修行。
1999年にボーヌの名門ワイン学校CEPPAで学位を取得。
2000年7月7日、メゾン・ルーデュモンをニュイ・サン・ジョルジュに設立。
2003年5月、在りし日のアンリ・ジャイエ翁より
「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受ける。
「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天・地・人」誕生!

仲田氏のワイン造りの特徴は、
日本人的と言うべき周りがあきれるほど丁寧できめ細かい仕事。
それぞれのテロワールを徹底的に研究した上で購入したワインを、
樽の種類、焼き具合、熟成期間等、
各ワインに最もふさわしいいと思える理想的な方法によって醸造していく。

今や世界に羽ばたく日本人職人・仲田晃司の「メゾン・ルー・デュモン」

「天・地・人」の日本人の魂が感じられるワインのお味とは。。。

☆ いくこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です