ニキ ヒルズ ヴィレッジ(NIKI Hills ヴィレッジ・仁木町)ワイナリー・ホテル・ナチュラルガーデンが楽しめる北の楽園

【407】仁木町, ワイン・日本酒・ビール

2019年5月23日(木)

日帰りバスツアー「大人のプレミアムバス旅(シィービーツアーズ主催)」で、「モリヒコ・焙煎工場 & カフェ・プランテーション」の次に向かった場所が、余市郡仁木町(にきちょう)に位置するワイナリー「ニキ ヒルズ ヴィレッジ(NIKI Hills ヴィレッジ」。

8万3,000坪の土地に、10,000坪を超えるナチュラルガーデン、地下には100m続くワイン貯蔵庫が存在する「北の楽園」ワイナリー(石川和則 代表取締役社長)です。

看板

NIKI Hills ヴィレッジ(仁木町)
NIKI Hills ヴィレッジ(仁木町)

ニキ ヒルズ ヴィレッジのスタッフ

代表取締役社長:4つの顔を持つ石川和則氏

年間売上高1,500億円近い総合広告事業を展開するDACグループ代表の石川和則氏は、1948年10月千葉県我孫子市生まれの70歳。複数社の体表取締役を務める第一線の経営者です。

そして、石川氏はアフリカ最高峰キリマンジェロ山登頂、北極点・南極点にクロスカントリーで到着、65歳にして北米大陸最高峰デナリ(マッキンリー山)に登頂する等の冒険家でもあります。

また、社員研修を原点とする教育者であり、社会貢献活動やNPO活動、文化推進活動にも積極的に取り組まれている社会活動家でもあります。

冒険家・石川和則社長
冒険家・石川和則社長

総支配人:舟津圭三氏

総支配人である舟津圭三氏は、犬ぞりで南極大陸を横断した冒険家。1956年生まれの63歳。私達と同い年です。

舟津氏と石川氏との出会いは、石川氏が参加した砕氷船による北極点ツアーに、舟津氏がツアーガイドとして同船していたことから。その後、石川氏は、舟津氏とともに、南極点・北極点を突破し、北米最高峰のデナリ峰(マッキンリー)の登頂も果たしています。

ワイナリー建設のきっかけ

仁木町でのワイナリー建設のきっかけは、石川和則氏が社員研修所建設候補地を探しに北海道を訪れた時の、仁木町・佐藤聖一郎 町長との出会い。佐藤町長の町への熱い想いと熱意に共感し、ワイナリー建設に踏み切ったそうです。

・2014年:株式会社NIKI Hills ヴィレッジが設立
・2015年:ワイン醸造所完成、ニキ ヒルズ ヴィレッジの森、果樹園、ナチュラルガーデン造成が次々と進む
・2018年:ニキ ヒルズ ヴィレッジ・プレオープン。ワイン用ブドウ苗植付も第3期を迎え収穫・出荷
・2019年7月7日、ニキ ヒルズ ヴィレッジ・グランドオープンの予定

ワイン醸造所外観

ワイン醸造所外観
ワイン醸造所外観

石川社長、直々のお出迎え!

石川和則社長、直々のお出迎え!
石川和則社長(右)直々のお出迎え! 舟津圭三 総支配人(左)

説明・案内:総支配人の舟津圭三 氏(中)、副支配人の梅田明 氏(左)

説明・案内は、総支配人の舟津圭三氏、副支配人の梅田明氏
説明・案内は、総支配人の舟津圭三氏、副支配人の梅田明氏

舟津圭三 総支配人のご説明

総支配人の舟津圭三氏
総支配人の舟津圭三氏

「土地面積28haで、目の前に広がるのがヴィンヤード(ブドウ畑)です。芽が出て6月には緑一色になり、9月に実になり、10月には収穫です。

2015年に造成が始まり、土壌改良をして2016年に苗を植え、今年初めて、自社産の葡萄で醸造ができるようになりました。4年かかってここまできました。それまでは、余市町の契約農家さんからケルナーの葡萄を仕入れて醸造していました。

ワインの出来もよく、日本ワインコンクール2017(※1)で銀賞を受賞したり、IWC2019(※2)で5商品が銀賞・銅賞を受賞しています。

    ※1 「日本ワインコンクール(Japan Wine Competiton)2017」欧州系品種の白ワイン部門にて、NIKI Hillsヴィレッジの初醸造白ワイン「HATSUYUKI」が銀賞を受賞。
    ※2 「IWC(International Wine Challenge)2019」(ロンドン)において銀賞2商品、銅賞3商品を受賞

葡萄は糖度20度以上になるブドウの糖度買いをしています。高糖度の葡萄で美味しいワインを作っています。

8haのヴィンヤードに15,000本の木が植えられています。今後50,000本のワインの生産を見込んでいます。契約農家さんからの葡萄も合わせると、将来的には100,000本のワイン生産が期待されます。

ニキ ヒルズ ビレッジには、ヴィンヤード(ブドウ畑)の他に、ナチュラルガーデン(1.1ha程)には200種類の草花、1,500株の球根等が植栽されています。今年は80種類のバラを植える予定です。

日本のトップガーデナー・福森久雄氏が担当し、7月7日のグランドオープンを目指して準備を進めています。グランドオープン後には、ガーデンを眺めながら、このテラスでワインを楽しんでいただければと思います。

さらに、ニキ ヒルズ ヴィレッジの森は、アファンの森財団理事長・C.W.ニコル氏の監修による森作りが行われています。森を散策し、五感を通じて大自然の素晴らしさを実感していただければと思います」と、丁寧にお話された舟津総支配人。

アファンの森財団理事長C.W.ニコル氏とともに!
アファンの森財団理事長C.W.ニコル氏とともに!

ワイン醸造所の内部

熱田貴氏ワインコレクション・ワインセラー

ワインセラーには、熱田貴氏(一般社団法人日本ソムリエ協会名誉顧問、東京グリンツィングオーナー・NIKI Hills ヴィレッジ 監査役)のワインコレクションの寄贈品が貯蔵されています。

熱田貴氏ワインコレクション・ワインセラー
熱田貴氏ワインコレクション・ワインセラー
東京グリンツィングオーナー・熱田貴氏
東京グリンツィングオーナー・熱田貴氏

地下のレストラン

地下レストラン
地下レストラン

ワイン貯蔵庫

ミストが噴出して、湿度がコントロール可能。

ワイン貯蔵庫
ワイン貯蔵庫

ワイン樽

フランスから輸入いている特殊な高級樽「フレンチオーク」。ケルナーの樽仕込みなど行っています。

ワイン樽
ワイン樽

ワイン醸造タンク(ワイン熟成中)

ワイン醸造タンク
ワイン醸造タンク

コンピューター制御された醸造機械(ドイツ製)について説明する舟津 総支配人。

醸造機械(ドイツ製)について説明する舟津さん
醸造機械(ドイツ製)について説明する舟津さん

ランチタイム

レストランにてランチタイム。ランチボックス(お弁当・ワイン or ジュース付き)

1階レストランにて
1階レストランにて
豪華なランチボックス
豪華なランチボックス

レストランホールからの眺め

レストランホールからの眺め
レストランホールからの眺め

ニキ ヒルズ・パノラマガイド

NIKIHills パノラマガイド
NIKIHills パノラマガイド

販売されているワイン

各種ワイン
各種ワイン

ホテル

廊下

廊下
廊下

ロビー

ロビー
ロビー

111号室・ベッドスペース

111号室・ベッドスペース
111号室・ベッドスペース

111号室・リビングスペース

111号室・リビングスペース
111号室・リビングスペース

最後のお見送り

奥様もご一緒にお見送り!
奥様もご一緒にお見送り!

スタッフの皆さんで、テラスで大旗を振っての感動的なお見送り! ツアー参加の皆さん大感激です!!!

大旗を振っての感動のお見送り!
大旗を振っての感動のお見送り!

太古の史跡である数々のストーンサークルが存在するパワースポットの町・余市・仁木町!

そんな神秘的な地に繰り広げられていく別天地「北の楽園・ニキ ヒルズ ヴィレッジ(NIKIHillsヴィレッジ)」に、限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。

NIKIHillsヴィレッジのこれからの発展に祈りをこめて。。。
NIKIHillsヴィレッジのこれからの発展に祈りをこめて。。。

ニキ ヒルズ ヴィレッジ(NIKI Hills Village)の写真(141枚)はこちら >

関連記事

日帰りバスツアー「大人のプレミアムバス旅(札幌市・仁木町・小樽市)」シィービーツアーズに参加(2019年5月21日)

☆ noboru & ikuko

ニキ ヒルズ ヴィレッジ(NIKI Hills ヴィレッジ)

地図:ニキ ヒルズ ヴィレッジ(NIKI Hills ヴィレッジ)北海道余市郡仁木町旭台148-1
Tel:0135-32-3801
【グランドオープン】2019年7月7日
【駐車場】数十台分あり
【ホームページ】NIKI Hills ヴィレッジ

 

おすすめ記事

【407】仁木町, ワイン・日本酒・ビール

Posted by noboru & ikuko