粋人館 はなれ家「序庵」で味わうディナー会席コース(愛別町)

【456】愛別町, そば・ガレット, コース料理, 北海道, 定食・食堂

2014年10月7日(火)

先日ランチにおじゃました、愛別町の粋人館 はなれ家「序庵」。今回は結婚記念日に会席コースをディナーでゆっくりと。。。

このお店の存在を知ったのは、旭川市の手作りのおやきの店「わがままじぃじぃ」を訪れた際、粋人館オーナーのお父様の矢部福二郎さんと息子さんの矢部慎太郎さんお二方との出会い。。。

おやきを食べながら、

私達
 「私達は、4年前埼玉県から移住し、北竜町に住んでいます」
矢部福二郎さん
 「そうですかぁ〜 愛別町に来てくだされば良かったのに! 愛別町で蕎麦会席のお店をやっているので、是非いらしてください!」
私達
 「おそば、いいですねぇ〜、是非お伺いしまぁ〜す」
慎太郎さん
 「私は銀座でお店をやっています!」
私達
 「え〜、銀座でお店を出されているって、凄いですね!」

 「じぃじぃ」舟根修一さんも一緒に名刺交換!

わがままじぃじぃ(旭川市)
わがままじぃじぃ(旭川市)

数日後、粋人館ランチ訪問。

ランチで茸天麩羅そば
ランチで茸天麩羅そば

とてもお洒落で感じよくて美味しかったので、今度はディナーで再訪!

ディナーで再訪問の「粋人館」
ディナーで再訪問の「粋人館」

ディナーの会席コースは、入り口の右側の奥の部屋。4人〜6人がけの木の素敵なテーブル席が2つ。とっても落ち着ける空間です。

会席コースのテーブル席
 会席コースのテーブル席
会席コースのテーブル席
 会席コースのテーブル席

テーブルの上には、素敵なお花、和紙に丁寧に手書きされたおしながき。

卓上に生けられたお花
卓上に生けられたお花
御会席膳のおしながき
御会席膳のおしながき

▶ おしながき

・前菜:そば豆腐揚げ出し汁、やまべ甘露煮、鮭麹大根、白子旨煮
・椀 :北寄貝とエリンギの潮汁仕立て
・造 :帆立貝柱ウニのせ荒塩で、平目、秋刀魚酢〆、本鮪、
    スルメイカあしらい
・蒸 :キンキ蕪蒸し
・焚 :豚の柔か角煮温卵添え
・揚 :きのこと旬菜の天ぷら
・食事:愛別産十割そば
・水物:バニラアイスと旬果のコンポート そば焼き菓子付

▶ 前菜

そば豆腐揚げ出し汁
そば豆腐揚げ出し汁
やまべ甘露煮
やまべ甘露煮前菜
鮭麹大根
鮭麹大根
白子旨煮
白子旨煮

▶ 椀

北寄貝とエリンギの潮汁仕立て
北寄貝とエリンギの潮汁仕立て
きれいなお椀
北寄貝とエリンギの潮汁仕立て

▶ 造

帆立貝柱ウニのせ荒塩
帆立貝柱ウニのせ荒塩
平目、秋刀魚酢〆、本鮪、スルメイカあしらいを工藤和彦氏の器で
平目、秋刀魚酢〆、本鮪、スルメイカあしらいを工藤和彦氏の器で

▶ 蒸・焚

キンキ蕪蒸し
キンキ蕪蒸し
豚の柔らか煮温卵添え
豚の柔らか煮温卵添え

▶ 揚・お食事

きのこと旬菜の天ぷら
きのこと旬菜の天ぷら
愛別産十割そば
愛別産十割そば

▶ 水物

バニラアイスと旬果のコンポート そば焼き菓子付 
バニラアイスと旬果のコンポート そば焼き菓子付

写真でご覧になれば、一目瞭然! 伝わってくる感動が五感で感じられるような、素晴らしいお料理の数々。

コースの流れも、遅からず早からず、丁度いい塩梅で、じっくりゆっくりと戴けました。一皿ごとに「わぁ〜と美味しい」、感動と感激にたっぷりと浸りながら。。。

ご主人と奥様・眞美江さん、そして塩谷直也料理長が挨拶にこられたので、3人で記念写真をパチリ!

矢部福二郎さん・眞美江さん・塩谷直也料理長
矢部福二郎さん・眞美江さん・塩谷直也料理長

ご主人矢部福二郎さんは、2013年(平成25年)3月まで、愛別町長を務められていました。

退任後、2013年(平成25年)の4月に旧上西邸の売却の話しがありました。この粋人館の建物は、90年を超える由緒ある貴重なもの。

「この建物を活かし、新しい命を吹き込んで蘇らせれば、愛別町の新たな発展のシンボルになるのではないか」と、思案した矢部さんは、東京の息子さんたちとの相談の結果、譲り受けることを決意しました。

銀座と京都で80人のスタッフを束ねてお店を経営されていらっしゃる慎太郎さん。頼もしくも力強い慎太郎さんのアドバイスに背中を押され、一歩を踏み出すことができたとお話される矢部さんご夫妻です。

壁に飾られた絵画
壁に飾られた絵画

農業を営み、蕎麦を栽培していた矢部さんは、「無農薬で真心こめて大切に育てた蕎麦を、皆さんに食べて戴こう! そして愛別産のきのこや野菜の美味しさをより多くの方々に味わって戴きたい!」と決意新たにスタート!!!

そして奥様眞美江さんは、「いままでずっと農業をやってきたので、お店も接客もはじめての経験です。農業も自分のやれることを一生懸命に取り組んできました。

お店も同じです。難しいことは考えずに、真心こめて、目の前のことに向き合って進んでいるので、大変だとか、苦しいと思ったことはありません。毎日を楽しんで過ごしていますよ」と、素敵な笑顔で語ってくださいました。

お店で使われる食材は、畑で自家栽培する無農薬そば粉(まじりっけなしの十割蕎麦を提供)愛別産のきのこや野菜、奥様が育てる「ブルーベリー」(野いちごなど)の果物、愛別産玄米などなど、食材ひとつひとつに深いこだわりと愛情が込められています。

愛情いっぱいのメニュー
愛情いっぱいのメニュー

料理長は、奈良県出身の塩谷直也さん。京都で和食歴8年のベテランシェフです。京会席を想わせるお料理は、愛情たっぷりの芸術品!!!

お料理を引き立てる器の中には、工藤和彦さんの作品「黄粉引きの器」が登場!歴史を感じる深い味わいを醸し出す器。心がじんわりと包み込まれていくような優しさです。

北海道の小さな町・愛別町で味わう、お洒落で粋な、京都の風格漂う会席料理、矢部ご夫妻の温かな真心、塩谷シェフの極上なお料理、味わい深い器、すべてが交わり響きあって素敵なメロディを奏でる素晴らしいお店です。

すべてが響きあって素敵なメロデイを奏でる空間
すべてが響きあって素敵なメロデイを奏でる空間

今、生まれたての「はなれ屋 序庵」が、
これから、愛別町の最高に素敵な館「粋人館」に成長・発展されることを
心から応援し、楽しみにいたしております。

すべての出会い、素敵な出会いに、心から感謝です。
ありがとうございます!!!

☆noboru & ikuko

写真(29枚)はこちら >>

関連記事

日本料理店「粋人館」本館で「粋人館御膳」を味わう(2015年6月15日)
粋人館 はなれ家・序庵の日替わりランチ(2014年10月1日)

粋人館(すいじんかん)はなれ家・序庵(じょあん)

粋人館 はなれ家・序庵北海道上川郡愛別町本町174
Tel:01658-6-5077
【営業時間】
・ランチ 11:30 ~ 14:00
・ディナー 17:00 ~ 21:00
【定休日】水曜日
【駐車場】店と店外合わせて10台分以上
【ホームページ】粋人館 はなれ家 「序庵」

 

おすすめ記事