札幌国際芸術祭2014@札幌芸術の森美術館(札幌市)

2014年8月13日(水)

都市と自然との共生の在り方をテーマとした芸術祭「札幌国際芸術祭2014」が、
札幌市内7会場で開催。期間は7月19日〜9月28日までの72日間。

「札幌国際芸術祭2014」@札幌芸術の森美術館
「札幌国際芸術祭2014」@札幌芸術の森美術館

世界で活躍する現代アーティストが参加し、
彫刻、映像、音楽、インスタレーション(仮設展示)など、
多彩な現代アート作品が展示されています。

開催テーマは「都会と自然」。

会場:北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館、
   札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)、
   北海道庁赤れんが庁舎、モエレ沼公園、札幌市資料館、
   札幌大通地下ギャラリー500m 美術館ほか。

まず、会場のひとつである「札幌芸術の森美術館」を訪れました。

大都会・札幌の自然環境、
そこから広がっていく宇宙空間的視点を
表現しているような作品の数々です。

▶ 平川祐樹「Vanished Forest」

平川祐樹「Vanished Forest」
平川祐樹「Vanished Forest」

▶ 栗林隆『ヴァルト・アウス・ヴァルト(林による林)』

和紙による白い林。

栗林隆『ヴァルト・アウス・ヴァルト(林による林)』
栗林隆『ヴァルト・アウス・ヴァルト(林による林)』

▶ 宮永愛子「そらみみみそら(札幌)」

耳をすませば、陶器を通して聞こえてくる川の水の流れ、
過去から現在への時の流れが感じられる空間です。

宮永愛子『そらみみみそら(札幌)』
宮永愛子『そらみみみそら(札幌)』

▶ カールステン・ニコライ「ユニカラー」

壁面に投影される幅約16mの巨大な映像が鏡に映しだされ、
無限の広がりを示す。光と色と形が織りなす宇宙空間的作品。

カールステン・ニコライ「ユニカラー」
カールステン・ニコライ「ユニカラー」

▶ 松江泰治「JP-O1 SPK」

写真で描く札幌の街並み。
上空から見た札幌の都市と自然は、
絵画のように美しくもユニーク。

松江泰治「JP-O1 SPK」
松江泰治「JP-O1 SPK」

緑に囲まれた小路を移動して、有島武郎旧邸へ。

緑の小路
緑の小路
有島武郎旧邸
有島武郎旧邸
有島武郎氏
有島武郎氏

▶ 三原聡一郎「鈴」

有島武郎旧邸内に展示されています。
風鈴のような音は、
作品に内蔵された放射線センサーが感知した時に鳴るガラスのベル音。
邪気を払うような涼しさが感じられます。

三原聡一郎「鈴」
三原聡一郎「鈴」

▶ 宮永愛子「book -key-」

鍵を封じ込めた本をナフタリンでかたどった作品。
封じ込められた時間を思い起こさせるような気配を感じます。

宮永愛子「book -key-」
宮永愛子「book -key-」

野外美術館へ移動中、土の中からニョキニョキ現れた児たちを発見?!

▶ 伊藤幸子「樹の児たち」

童話の世界から抜け出してきたような妖精達のよう。。。
ちょっぴりミステリー・・・?!

伊藤幸子「樹の児たち」
伊藤幸子「樹の児たち」

▶ スーザン・フィリップス「カッコウの巣」

フィリップスが歌う「夏は来たりぬ」のメロディが、
「北斗まんだら」の樹木の間を縫うように響き渡ります。

スーザン・フィリップス「カッコウの巣」
スーザン・フィリップス「カッコウの巣」

▶ 中谷芙二子「FOGSCAPE #47412」

中谷芙二子の霧の彫刻の新作が中庭を中心に設置され、
10時〜17時まで30分おきに霧の彫刻が出現。

中谷芙二子「FOGSCAPE #47412」
中谷芙二子「FOGSCAPE #47412」

偶然、最後にみることができた霧の芸術。
生きもののように、うごめき、形を変化させて、
現れては消えていく霧のアート。
創造を超える霧の動きは圧巻!

都会と自然との共生が織りなす芸術!
形と空間が自然に混ざり合い、
宇宙への広がりが感じられた瞬間でした!

その他の写真はこちら >>

◇ 参考ページ:札幌国際芸術祭2014公式ホームページ

☆noboru &ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です