腸活!野菜スープ(4)セロリ味噌スープ:食事編(19)腸内フローラバランス

2018年9月18日(火)

抗がん剤の世界的研究者・熊本大学の前田浩名誉教授著『最強の野菜スープ』には、「サラダより野菜スープは抗酸化力が100」倍と記されています。

前田浩名誉教授著『最強の野菜スープ』

最強の野菜スープ
最強の野菜スープ

加熱で溶け出す抗酸化物質

生の野菜を噛むだけでは、大半の細胞壁は壊れず、細胞の中の有効成分を吸収することが難しい。しかし、野菜を加熱することで、野菜の頑丈な細胞壁が壊れて、抗酸化物質のファイトケミカルがスープに溶け出して、免疫力を高めるというのです。

季節の野菜4〜6種類

野菜は、季節の野菜4〜6種類(基本:じゃがいも、玉ねぎ、人参、トマト、かぼちゃ、セロリなどなど)。野菜を一口大に切って、水を入れ、沸騰する直前に火を弱めて、じっくり30分に煮込むだけ!!!

野菜のそれぞれの旨味がじんわり滲み出て、最高に美味しい、身体に最強のスープのできあがり!

本日はセロリ味噌スープ

今日のスープは、セロリを中心に、じゃがいも、玉ねぎ、人参、そして鶏肉とこんにゃくを加えて、豆味噌で味付け。セロリの葉っぱをトッピングして!

セロリ味噌スープ
セロリ味噌スープ

お肉と一緒に野菜の歯ごたえを楽しんで、腸活! 食物繊維もフィトケミカルの抗酸化物質もたっぷりとれて、バッチリ!

今日もファイトでGo!Go!Go!

ファイトでGo!
ファイトでGo!

材料

セロリ、じゃがいも、人参、玉ねぎ、鶏肉、こんにゃく、セロリの葉っぱ

☆ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください