足立音衛門「栗の極み」(京都府福知山市)は極上栗スイーツ

2018年1月2日(火)

お正月に味わう優美な和菓子を、有難くも年末にいただきました。足立音衛門「栗の極み」です!究極の絶品スイーツをありがとうございました!

「足立音衛門」の京都本店は、京都の福知山城の近くに位置し、京都府の指定文化財とされた大正時代の建物。平成3年創業で、丹波栗の郷における極上栗スイーツの名店です。

ケーキ「栗の極み」に使用する材料のひとつひとつに深いこだわりをもち、栗は地元丹波栗、讃岐三谷家和三盆糖、沖縄産粟国の塩、フランス産ラヴィエット発酵バター、スペイン産アーモンドプードルなど、厳選し抜いた良質な材料が使われています。

栗の極み
栗の極み

大きな栗がゴロンと入った生地は、滋味で優しい甘さ、しっとりとした発酵バターの風味、そして、ブランデーがじんわりと染み込んで芳醇な香り漂う〜♡

栗がゴロン。。。
栗がゴロン。。。

今まで出逢ったことのない不思議な味わいが、口の中いっぱいに広がって、夢心地〜♡

夢心地の味わい〜♡
夢心地の味わい〜♡

珈琲にも抹茶にもグッドコラボレーション!!!
うっとりと優雅な気分を思う存分堪能できる贅沢な栗のケーキです。

素敵な栗スイーツに、心からの感謝をこめて。。。

優雅な気分に浸って、うっとり~♡
優雅な気分に浸って、うっとり~♡

▶ 参考ページ:栗オタクが自分のために作った!「足立音衛門」の絶品栗スイーツ♪ <kyotoside>

☆ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください