自由軒(じゆうけん・旭川市)孤独のグルメで五郎さんが舌鼓・とんかつと焼き肉の店

【204】旭川市, 北海道, 定食・食堂

2016年1月18日(月)

旭川五条買物公園通りに面した細い路地を入って行くと見えてくる、赤い看板に「とんかつ 焼き肉 自由軒」という白い文字。

公園通りに面した看板

初めてだと見つけづらいし、一見で入るには少々勇気が。。。

路地を入った所に位置する「自由軒」
路地を入った所に位置する「自由軒」

入り口

「自由軒」は、旭川で創業60年を超える老舗・お食事処。「豚肉料理、とんかつ」とのれんに書かれているだけあって、豚肉の塩焼き、ポークチャップ、ロースカツ等が人気メニュー。

暖簾「豚肉料理 とんかつ 自由軒」
暖簾「豚肉料理 とんかつ 自由軒」

店内の様子

わらじ焼き肉

特に「わらじ焼き肉」(400g)は通常の倍の量!!! お店の奥には、何故か、ジャンボわらじが。。。?!

壁際に立てかけられたジャンポわらじ
壁際に立てかけられたジャンポわらじ

1階はカウンター席と4卓のテーブル席、二階が宴会場。

カウンター越しの厨房では、店主・田中輝彦さんをはじめ、4〜5人のスタッフがてんやわんやで対応。

暖簾が下げられ、一段落着いた店内
暖簾が下げられ、一段落着いた店内

入店した午後1時過ぎ、1階のテーブル席1卓のみ空席でセーフ! オーダー待ちの時間帯には、すでに暖簾がおろされました。

それもそのはず、食事を済ませたお客様が2階から続々とおりてきて退店。2階にこんなに大勢のお客様がお食事していたとは驚き!

孤独のグルメ

カツカレーを注文した若者が「大盛りでお願いします!」。「申し訳ありません、ごはんが残り少なくなってしまったので、普通盛りですが、よろしいでしょうか。。。」。「ごはんは、後どのくらい?!」という会話がちらほら。。。

人気の理由は、テレビドラマ「孤独のグルメ」の正月スペシャル・北海道旭川出張編での放送!。主人公・井之頭五郎(いのがしら ごろう)さんが「自由軒」で、美味しそうにランチを食べている模様が全国放送されました。

店内に掲示されていた新聞記事
店内に掲示されていた新聞記事

「テレビ効果は凄いですね」と声をかけると、
「とんでもないことになっていますよ」と答える店主。。。

本日のオーダー

その日オーダーした料理は、塩焼き定食、カニコロッケ定食、ヤマベフライ単品。ワンプレートには、山盛りのキャベツとポテトサラダ。共にご飯、お味噌汁、漬物付き。

残念なことに、五郎さんが追加注文した「タルタルソース」はついてませんでした。

塩焼き定食

塩焼き定食
塩焼き定食

カニコロッケ定食

カニコロッケ定食
カニコロッケ定食

ヤマベフライ

ヤマベフライ
ヤマベフライ

噛みしめるほどにしっかりとした味わいが楽しめる豚肉の塩焼き、とろ〜りとろけるクリームが溢れ出すカニコロッケ、衣がサックサク、身がジューシーでやわらかなヤマベフライ、どの品も、60年守り抜いた歴史を感じる、深い味わいを持つお料理の数々。。。

「いやぁ〜、これはたまらん! あちぃ〜 うまい!」とつぶやいていた五郎さんの言葉が浮かんできて、妙に納得!

玄関のガラス戸に掲げられたプレートの言葉「小さな宴会 集まれ! あなたの心に真心をぶつけます」。。。

「あなたの心に 真心をぶつけます!」
「あなたの心に 真心をぶつけます!」

店内を飛び交う威勢のいい言葉たち ♬

「いらっしゃい! 」
「いらっしゃいませ〜!」
「まいどありー、ありがとうございました!」

しっかりと美味しい真心を受け止めて、お腹も心も大満足!
ご馳走さまでした!!!

写真(18枚)はこちら >

▶ 参考ページ:
孤独のグルメ テレビ東京

✧ noboru & ikuko

とんかつと焼き肉の店・自由軒

地図:自由軒北海道旭川市五条通8丁目左2
Tel:0166-23-8686
【営業時間】11:00~22:30(LO)
【定休日】 日曜日
【駐車場】 なし
 (近くに有料パーキングあり)
【参考ページ】食べログ

 

おすすめ記事

【204】旭川市, 北海道, 定食・食堂

Posted by noboru & ikuko