感謝感激のメッセージ

2014年3月5日(木)

先日、北竜町・黒千石事業協同組合の村井宣夫会長より、
大変有難いお言葉を戴きました。
心からお礼申し上げます。ありがとうございます

北竜町の農道

・〜・・〜・・〜・・〜・〜・

村井から感謝を込めて・・・
◎ 北竜町に、七福神の神がやって来た。
その神の仕事は、すこぶる情報網の希薄な中に、情愛あふれる心豊かな田舎の出来ごと、心温まる情報を発信する事の出来る田舎の大切なマスコミ屋さんです。

赴任以来、その活動は広まり、新聞、テレビに報道されるまでになった。小回りの効く、軽四輪は如何にも小回りして居て、二十日ネズミの存在だ。(失礼)

◎ 町特産のひまわりスイカの色、色彩看板として「真っ黄色」のボデー色、まさしく町のアンテナショップ色、チャメッケ満々の鮮やかな宣伝色。都会のサンドイッチマンの真似の出来ない宣伝カーは、マスコミに勝るとも劣らない優れ物。

優れ無いのが、取材担当の記者(奥さん)が痛々しくも足が不自由で、この活動的な夫婦の健闘に頭が垂れる。

◎ 絶えず情報を得る活動は、怯む事なく、ためらうことも無く、介護といたわりの取材行為は、確かな情報の獲得に貢献していることであり、疑念の余地もない。

町民としての義務は、町の文化と、歴史と、社会感を共通に認識し、先駆者の功労と、先輩へのご苦労をねぎらい、感謝とお礼を申し上げること。これらが出来る町民の意識高揚が、町の平和と、安全を培うことであり、そのために必要なことは、欠く事のない推進と情報伝達であろう(生意気かね)。

◎こうした環境づくりとその活動に、頑張り屋夫婦に、心からその労をねぎらい、感謝とお礼を申し上げ、ご健康でご活躍を祈念する事で有ります。

◎時あたかも、ソチオリンピック、北竜町オリンピック委員会からの金メダルを、首に掛けてあげたい。

異常気象の中、純白の白雪に黄色い車は、一段とさえ亘る。黄色信号は、無事故の色、対向車も事故を避ける色、競技のイエローカードも黄色。取材は安全、無事故間違いなし。ビッグな情報が飛び交う事を願って情報を待っています。

頑張れ黄色、寺内の、父さん、母さん。

☆ のぶお

・〜・・〜・・〜・・〜・〜・

ひまわりの里で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です