凍れる雪野原の風景

【437】北竜町, 一瞬のきらめき

2019年3月12日(火)

季節は「啓蟄」。土の中では、春を待ちわびる生命が蠢き始まる頃。。。

朝の冷え込みの中で、ふわふわだった雪が、氷のように固まって、カチコチ、モコモコの雪原。。。

氷のように固まる雪原
氷のように固まる雪原

ひまわりの里の道も除雪され、路面が見えています。

ひまわりの里の道路
ひまわりの里の道路


光の輪
光の輪

雪原の上を足跡をつけながら、ゆっくりと踏みしめて。。。めったに味わえない雪上歩行にワクワクドキドキ!

凍ってしまいそうな指も顧みず、写真撮影に没頭する昇さん。。。

凍れる雪原の上を踏みしめて。。。
凍れる雪原の上を踏みしめて。。。

眺望の丘へ続く道の両端には、まっすぐに切り取られた分厚い雪の壁。。。

分厚い雪壁が続く道路。。。
分厚い雪壁が続く道路。。。

冬型のまだまだ冷たい風吹く中、ゆっくりと歩み寄る春の兆しを感じるこの頃の風景です。

冷たい冬型の風吹く中で。。。
冷たい冬型の風吹く中で。。。

☆ noboru & ikuko

 

おすすめ記事