葭始生(あしはじめてしょうず)十六候

2016年4月25日(月)

【4月20日(水)〜24日(日)】
二十四節気:穀雨 初候
七十二候 :十六候 葭始生(あしはじめてしょうず)

春爛漫、水辺に葦が芽を吹き出し始める頃。

金毘羅公園内、池の枯れた葦
金毘羅公園内、池の枯れた葦

水辺に生える葦は、強い風が吹くと、しなって曲がり、風が止まると身を起こして立ち上がり、ゆらゆら揺れています。

自然に逆らわず、あるがままに身を任せ、自然体で生きる植物・葦。。。

北竜町金比羅公園池
北竜町金比羅公園池

パスカルの言葉「人間は考える葦である」。。。
人間はまさに、自然の偉大なる猛威には、太刀打ちできない弱き者・・・

そんな計り知れない自然に屈しているのではなく、精神のしなやかさによって、じっくりと考え、どう対処すればよいか判断し、行動することができるのが人間!

立ち向かって戦うのではなく、
あるがままを受け入れて、しなやかに身をこなしていく。。。

頑なに力むのではなく、
まわりのどんな環境にも臨機応変、柔軟な動きで対処していく。。。

常に広い敏感な視野をもって、
常に考え、行動できるのが人間。。。

蕾をつけた桜の枝のシルエット
蕾をつけた桜の枝のシルエット

根をしっかりとはって、風に揺らめく葦のしなやかさの中に、
強靭な力強さを感じるような今日このごろです。

ふっくら膨らんだ桜の蕾
ふっくら膨らんだ桜の蕾

✧ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です