CATEGORY

七十二侯の季節

七十二侯の季節を写真と言葉で綴っていきます

鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)七十二候

2017年2月1日(水) 【1月30日(月)〜2月3日(金)】 二十四節気:大寒・末候 七十二候 :七十二候・鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく) 鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)。 春を感じた鶏が卵を生み産む頃。 鶏は、卵を産む「卵用種」と食べる肉となる「肉用種」、 そしてその両方「卵肉兼用種 […]

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)七十一候

2017年1月26日(木) 【1月25日(水)〜29日(日)】 二十四節気:大寒・次候 七十二候 :七十一候・水沢腹堅(さわみずこおりつめる) 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)。 厳寒の中、沢の水が氷となって、厚く張り詰める頃。 北海道には、強い寒気が入り、ここ数日氷点下の気温が続き、 北海道各地で […]

款冬華(ふきのはなさく)七十候

2017年1月24日(火) 【1月20日(金)〜24日(火)】 二十四節気:大寒・初候 七十二候 :七十候・款冬華(ふきのはなさく) 款冬華(ふきのはなさく)。 雪の下からふきのとうが顔を出しはじめる頃。 凍りつく土の下では、春に向けて、生命育む準備が着々と進められているのですね。 寒さと雪は、厳し […]

雉始雊(きじはじめてなく)六十九候

2017年1月18日(水) 【1月15日(日)〜19日(木)】 二十四節気:小寒・末候 七十二候 :六十九候・雉始雊(きじはじめてなく) 雉始雊(きじはじめてなく)。 雉の求愛が始まる時期。 赤い帽子に、緑のベルベットのチョッキ、 茶褐色の模様が入ったシルクの上着をきて、 凛とした紳士な雉さん・・・ […]

水泉動(しみずあたたかをふくむ)六十八候

2017年1月16日(月) 【1月10日(火)〜14日(土)】 二十四節気:小寒・次候 七十二候 :六十八候・水泉動(しみずあたたかをふくむ) 水泉動(しみずあたたかをふくむ)。 地中で凍っていた泉が、少しずつ動きはじめる頃。 雪に埋もれた土の中では、生命が躍動し、 春に向かって動きはじめているので […]

芹乃栄(せりすなわちさかう)六十七候

2017年1月9日(月) 【1月5日(木)〜9日(月)】 二十四節気:小寒・初候 七十二候 :六十七候・芹乃栄(せりすなわちさかう) 芹乃栄(せりすなわちさかう)。 芹がたくさん生える頃。 芹といえば、1月7日は「七草粥」。 七草とは、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すすな、すずしろ。 […]

雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)六十六候

2017年1月5日(木) 【12月31日(土)〜1月4日(水)】 二十四節気:冬至・末候 七十二候 :六十六候・雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる) 雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる)。 降り積もった雪の下で麦が芽を出す頃。 秋に撒いた麦の種が、土の中で成長し、雪の下で芽吹き、 春から初夏にかけて収穫 […]

麋角解(さわしかのつのおつる)六十五候

2016年12月30日(金) 【12月26日(月)〜30日(金)】 二十四節気:冬至・次候 七十二候 :六十五候・麋角解(さわしかのつのおつる) ヘラジカの角が削ぎ落とされる頃。 麋(さわしか)はヘラジカのことで、別名オオジカ。シカの世界最大種で、体重800kg、高さは2mを超えるものがあり、角は1 […]

乃東生(なつかれくさしょうず)六十四候

2016年12月29日(木) 【12月21日(水)〜25日(日)】 二十四節気:冬至・初候 七十二候 ・六十四候・乃東生(なつかれくさしょうず) 乃東生(なつかれくさしょうず)。 靫草(うつぼぐさ)が芽を出す頃。 乃東は、夏枯草(かこそう)、別名「ウツボグサ」。 靫草(うつぼぐさ)は、寒い季節に芽を […]