雉始雊(きじはじめてなく)六十九候

2016年1月20日(水)

【1月16日(土)〜20日(水)】
・二十四節気:小寒・末候
・七十二候 :六十九侯・雉始雊(きじはじめてなく)

雉は国鳥(1947年に日本鳥学会が選定)。
民話「桃太郎」に登場したり、
1万円札(旧札)にも雄雌1対が描かれていた雉。
日本人にとって、象徴的な鳥として存在しているのでしょうか。。。

「ケーンケンケン」と鳴き、「バタバタバタ」と羽を大きく動かします。
この動きは、雄の雉の雌に対する求愛行動とも云われています。

雉を鳴き声を実際に聞いたことがないので、
ネット検索してみると、こんな感じです。

キジの縄張り主張(すぐに鳴き声が再生されます)

命あるものすべてにおいて、愛を語り合うスタイルは様々。
しあわせを感じる心のあり方も色々ですね。

先日、久しぶりに晴れ間が訪れた日のこと、
地元の碧水神社でお参りを済ませ、
ふと真っ青な空を見上げた時、遭遇した神秘的な風景。。。

青空に聳える純白の枝垂柳
青空に聳える純白の枝垂柳

鳥居の側に寄り添うように鎮座している大きな枝垂柳。
その枝に雪が降り積もり、太陽の光をあびて、
宝石のようにキラキラと輝いていました。
この輝きは、太陽の熱で数分後には消えていましたが。。。

真っ青な空に、大きく翼を広げて。。。
真っ青な空に、大きく翼を広げて。。。

まさに一瞬の輝き、しあわせを感じた瞬間でした!

「しあわせ」は、形ではなく心で感じるもの。
このしあわせを感じる瞬間を、
心に何度も何度も積み重ねることによって、
人生そのものが、しあわせの道を描いていけるのではないかなぁ
と感じている今日此の頃です。。。

しあわせの瞬間を重ねて。。。
しあわせの瞬間を重ねて。。。

✧ noboru & ikuko

“雉始雊(きじはじめてなく)六十九候” への4件の返信

  1. 「鮨有馬」を調べていて、「エンジョイ!!北海道」にたどり着きました。
    素晴らしい写真と楽しい旅と美味しいものが登場してわくわくします。
    早速お気に入りに保存して、毎日じっくり拝見させていただいています。
    美味しいものが大好き♪~いろいろ参考にさせていただきます。

    1. 高野紀子さま
      コメントありがとうございます。
      「鮨処有馬」は、北竜町出身の大将が心を込めて握る素晴らしい寿司です。誠実さが伝わってきます。
      また、記事を気に入っていただき嬉しく思います。これからもよろしくお願いします。

  2. 寺内様
    ご無沙汰いたしております。
    日本実業出版社の吉田です。
    東京においでの頃は大変お世話になり、ありがとうございました。
    あれからもう7年・・・今でも折に触れて思い起こしますし、
    ご夫妻のブログを拝読するたび、私も田舎(四国)へ帰りたくなります(^^;)。

    実は、CANPANプロジェクトでNPO/NGO活動をなさっている方々の
    本を出そうと、以前から準備しておりましたが、ようやくこの度、弊社から
    『10000円のカレーライス NPOで見つけた心にのこる物語』というタイトルで
    発行する運びとなりましたので、御礼を兼ねて見本を送らせていただきたく、
    コメントさせていただきました。

    ちょうど今、北海道は豪雪に見舞われているとのこと。
    どうかくれぐれもご無理なさらず、お体をお労りくださいますようお祈り申し上げます。

    1. 吉田啓二さま

      寺内昇&郁子です。
      この度は、「エンジョイ!北海道」にコメントをいただきありがとうございます。
      こちらこそ、canpanでは、ブログ大賞の審査委員へのご就任をはじめ、本当にお世話になりました。
      ありがとうございます。

      『10000円のカレーライス NPOで見つけた心にのこる物語』(日本実業出版社)の出版、素晴らしいですね!
      CANPAN・NPOフォーラムのブログを読ませていただきました。
      心温まる活動を情報発信して、皆が応援、そんなコミュニティを作りたい、当時の想いが蘇ってきました。
      吉田さんだからこそ出版できた本ですね。感無量です。心から嬉しく思います。

      吉田さんも、お体ご自愛されて、これからも素晴らしい本を出版されてください。
      激動の2016年、真心と誠意が世界に溢れることを祈念いたしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です