朔旦冬至(さくたんとうじ)

2014年12月22日(月)

今日は、朔旦冬至(さくたんとうじ)。

写真:Freepik
写真:Freepik

新月と冬至が重なる日、月の復活と太陽の復活が重なるという、
19年に一度訪れる大変おめでたい日。

冬至は一年で最も太陽の力が弱まる日で、
冬至の日を境に、太陽の力はぐんぐん強くなっていきます。

「一陽来復」・・・この日を境に運が上昇 ↑↑↑

冬至に厄払いをして、上昇運に備えましょう。

冬至がゆとして代表的な「小豆がゆ」。
小豆の赤が太陽を意味する魔除けの色ということで、
冬至に食べて、厄祓いをします。

「柚子湯」は、厄祓いをするための禊(みそぎ)として身体を清め、
柚子の強い香りが邪気を払うとされています。

柚子湯で身を清め、小豆粥を食べて厄祓い!

太陽の光とともに、運と心のパワーアップ!!!

えりも岬「高橋ファーム」の日の出
えりも岬「高橋ファーム」の日の出

✧ いくこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です