祝!「フォトマスター検定・1級」合格!

2015年12月29日(火)

今年で13回目迎える「フォトマスター検定」は、公益財団法人 国際文化カレッジが主催する、文部科学省後援の写真とカメラの実用知識検定。

フォトマスター検定は、実用的な知識の修得・確認とスキルの向上を目的としています。
検定内容は多岐にわたり、デジタルカメラ、レンズ、機材・アクセサリー、光・撮影方法、プリント・仕上げ、文化・モラルなど、知識や計算力が求められています。級ごとに内容が広く深くなっていきます。

検定試験は年1回開催され、レベルは3級、2級、準1級、1級、EXの5段階。各階級とも80分で70題から80題の出題。7割程度の正解率で合格となります。

今年11月に開催された検定試験において、寺内昇さんが、準1級、1級の2階級を同じ日に受験し2階級共に晴れて合格となりました!!

フォトマスター1級合格証
フォトマスター1級合格証

今年平成27年の受験者総数は5,963名で、1級合格率が45%、準1級合格率54%でした(フォトマスター検定HPより)。

フォトマスター検定は、プロになるための資格でもなく、写真を撮るための免許でもありません。あくまでも写真が上達するための知識の尺度で、写真作品を創るための基本知識と応用知識を身につけていく土台となるもの。ここから、どんな作品に仕上げていくかは、写真に向き合っていく心次第です。

心のありのままが映しだされていく写真!
その写真の魅力が、いかに表現されていくのか、これからがとっても楽しみです ♬

朝の光パワーを深呼吸する北竜門の竜たち
朝の光パワーを深呼吸する北竜門の竜たち

フォトマスター検定ホームページ

✧ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です