北海道ガーデン街道・六花の森(中札内村)

2012年10月21日(日)

六花の森(ろっかのもり)は、
六花亭のお菓子の包装紙に描かれた山野草の森です。

山岳画家・坂本直行氏が描いた「十勝六花」。

ハマナシ、カタクリ、エゾリンドウ、シラネアオイ、
エゾノリョウキンカ、オオバナノエンレイソウをはじめ、
ミズバショウやニリンソウなど季節ごとに、
山野の花が、息づいている庭園。

14万5000平方メートルの敷地に、
美術館、レストランを有する「中札内美術村」。

その中の展示棟は、
クロアチアの民家を移築したとされる、
こだわりのある建築物。

「サイロ50周年記念館」では、
坂本直行氏が描いた
児童詩誌「サイロ」の表紙600枚が展示。

昭和35年の創刊号から、
50年の時を超えて、
今尚受け継がれているとのことです。

六花亭が手掛ける、
自然とアートのコラボレーション、

あなたも感じてみませんか ♡

☆ いくこ&のぼる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です