北海道ガーデン街道・十勝千年の森(清水町)

2012年10月21日(日)

十勝千年の森は、
日高山脈と十勝平野の接点に位置した、
美しい草花の癒しの庭。

あるがままの森の魅力を感じると同時に、
自然淘汰による森の力強さをも感じられます。

十勝千年の森の地下に多く眠る、
花崗岩の一種である「麦飯石( ばくはんせき)」。

この麦飯石は、
多孔質のため、水や空気を浄化、中和し、匂いを吸着する能力があり、
「癒し効果」をもつと言われています。

森全体の空気が、
癒しのパワーで包まれているような、

元気パワーがみなぎっているような、
ついつい、大きく深呼吸したくなるような、

耳を済ませば、
森に息づく動植物たちの元気な声が聞こえてくるような、

そんな、とっても、とっても不思議な、神秘に満ち溢れた森です。

その十勝千年の森で、
今年2012年6月2日~10月8日まで、
「北海道ガーデンショー」が開催。

白井温紀氏(ガーデンデザイナー)、
中谷耿一郎氏(造園家・ランドスケープデザイナー)、
竹谷仁志氏(造園家)、
長澤伸穂氏(アーティスト)の
日本を代表する4名の作家と、
世界で活躍するデザイナーダン・ピアソン氏の合わせて招待作家5人が、

樹齢70年を越えるミズナラ、ハルニレの広葉樹林と、
清らかなせせらぎなどの大自然を舞台に、
庭とアーティストの響宴が繰り広げられています。

さらにコンペティションにより、
「恋の庭」7作品、「山羊の遊びの庭」1作品の8作品が
優秀賞に輝き、千年の森を飾りっています。

そして4ヶ月の開催期間中は、
招待作品を手がけるガーデンデザイナーをはじめ、
庭、食、農など各分野のスペシャリストたちによる
さまざまなイベントが行われるとのこと。

北海道で初めての本格的なガーデンショーが開催される十勝千年の森で
あなたも、大自然の中の芸術を味わってみませんか?

☆ いくこ&のぼる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です