南信州名産の干し柿「市田柿」

2015年1月6日(火)

南信州の干し柿「市田柿」
南信州の干し柿「市田柿」

500年以上の歴史を持つ、
南信州を代表する干し柿「市田柿」。

天竜川から立ち上る川霧を含む標高地、
自然に恵まれた干し柿作りに 最適の条件で育てられます。

一つ一つ丹念に皮をむき、糸で吊るして天日干し、
丁寧な柿もみと寝せ込みを繰り返し、
白い粉(主にブドウ糖)に覆われた極上の干し柿です。

糖度17度前後あるという甘さと絶妙な柔らかさ、
透明感の有る飴色の果実は、ミネラル、βカロチンも豊富。
自然な甘さ持つドライフルーツであり、高級和菓子でもある「市田柿」。

お正月の日本茶のお供として、極上の逸品スイーツです。

飴色の果実・ドライフルーツ
飴色の果実・ドライフルーツ

有り難くも年末に頂いたプレゼント!!!
感動しながら、ひとつひとつ大切に頂いています。
田中さん、ありがとうございました!

✧ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です