大船遺跡(函館市)深さ2mの大型住居に驚く

2021年9月3日(金)

垣ノ島遺跡から5kmほど北西に位置し、太平洋を見下ろす丘の上にある「大船遺跡(おおふねいせき)」。

大船遺跡・案内板

大船遺跡(函館市)
大船遺跡(函館市)

大船遺跡は、住居の規模が大きく、深さ1.5m〜2m、長さ8〜11mを超える大型住居が発見されています。

大規模集落群・大船遺跡
大規模集落群・大船遺跡

遺跡見学

ガイドの大宮トシ子さん

ガイドの大宮トシ子さん
ガイドの大宮トシ子さん

深さ2.4mの竪穴建物跡(写真の中の人物は大宮さん)

深さ2.4mの竪穴建物跡
深さ2.4mの竪穴建物跡

クリの木を使い、竪穴住居の骨組みを再現

竪穴住居の骨組みを再現
竪穴住居の骨組みを再現

骨組みの上に土やヨシなどで屋根をふいた建物

骨組みの上に土やヨシなどで屋根をふいた建物
骨組みの上に土やヨシなどで屋根をふいた建物

住居内部

柱をたて、床には炉が設けられています。

住居内部
住居内部

床を深く彫り込んだ大規模な形態

床を深く彫り込んだ大規模な形態
床を深く彫り込んだ大規模な形態

6本の柱穴に小さな石囲い炉

6本の柱穴に小さな石囲い炉が存在
6本の柱穴に小さな石囲い炉が存在

重なり合う住居

竪穴住居の密度が高い。縄文時代中期の竪穴住居が120軒以上発見されています。

重なり合う住居
重なり合う住居

多数の遺物

大船遺跡の盛土遺構からは、マグロ・サケなどの魚類、クジラ・イルカ・シカなどの哺乳類の骨、炭化したクリ・クルミなどが発見されました。

大船遺跡の盛土遺構から骨や植物・魚などが発掘
大船遺跡の盛土遺構から骨や植物・魚などが発掘

縄文時代が蘇る空気感

縄文時代の大規模集落の風景が蘇ったような空気感を感じる遺跡です。

大規模集落の空気感が感じられる場所
大規模集落の空気感が感じられる場所
 
この後、昼食場所である鹿部町「道の駅道の駅しかべ間欠泉公園」へと向かいます。
 

その他の写真

大船遺跡の写真(44枚)はこちら >>

関連記事・サイト

エンジョイ!シニア夫婦のハッピーライフ

2021年9月1日(水) 函館市臼尻町に位置し、2011年オープンした「函館市縄文文化交流センター」。「道の駅 縄文ロマ…

エンジョイ!シニア夫婦のハッピーライフ

2021年9月2日(木) 垣ノ島川沿岸の標高32~50メートルの海岸段丘上に立地し、太平洋に面し、後背地には、落葉広葉樹…

エンジョイ!シニア夫婦のハッピーライフ

2021年8月23日(月) 北海道中央バス(株)シィービーツアーズカンパニーが開催するバスツアー「縄文旅 蝦夷コース(2…

世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」
世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」を巡る旅をご紹介します。

世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」の記事はこちら >>

世界文化遺産「北海道・北東北の縄文遺跡群」

 
☆ noboru & ikuko
 

大船遺跡

地図:大船遺跡北海道函館市大船町
【公開時間】
・4月~10月 09:00~17:00
・11月~3月 09:00~16:00
※12月29日~1月3日休場
【駐車場】無料あり
【参考ページ】大船遺跡│縄文遺跡群世界遺産登録推進事務局