「天地始粛」豊穣の祈り

2013年9月1日(日)

町全体が黄金色に輝き始める頃、
たわわに実った稲穂が、ひんやりとした風に揺れています

処暑次候「天地始粛」(てんちはじめてしゅくす)
天地の気が粛然とし、万物が改まる頃とされています。

9月1日は「二百十日」。
立春から二百十日目、台風が心配される此の頃。

夏の暑さも落ち着き、稲が実り、秋の虫の鳴き声とともに、
飛び交うトンボも多くなってきました。

雪解けの春から夏が、あっという間に駆け抜けて、
過ぎ去っていった日々。。。

いろんな事が目の前に現れる度に、いろんな事を考えて
悲しんだり、喜んだり、怒ったり、笑ったり。。。

苦しい時も楽しい時も、どんな環境においても
心にいつも在ることは、「真心こめて一生懸命」

次の瞬間が無くなっても、想い残すことのないように。。。
今、この瞬間を懸命に生きていくこと。

セカンドライフを歩んでいく私達にとって、
毎日が「人生最後の日」であり、

これからの行動は「人生最後に選ぶ事」

「またいつか、また今度ね」という時は二度と訪れない日々。

だからこそ、毎日を大切に、
この一瞬を思いっきり楽しんで描いていきたいと思います。

あなたが、人生最後に選ぶ事は、どんなことですか?

☆ いくこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です