真夏の夜空に舞う光のアート

2017年8月10日(木)

真夏の夜空に打ち上げられた巨大な華麗なる光のアート、そのそばで、見守るように、ぼんやりと白く小さく輝く月の光。。。

月と花火
月と花火

ふたつの対称的な光。。。
ひとつは、じっくりとすべてを見守るように照らし続ける静かな光、もうひとつは、ほとばしるエネルギーを一瞬にして放ち、一瞬にして消えていく爆発的な光。。。

暗闇と光、静と動、地味と派手・・・対象的な人生観を表しているような風景。。。

暗闇があるからこそ光が輝き、
静かに考える心があるからこそ、思いっきり行動でき、
地道な努力を続けるからこそ、瞬間を大切に楽しむことができる人生。。。

線香花火のように繊細に。。。
線香花火のように繊細に。。。
大輪の菊のように華やかに。。。
大輪の菊のように華やかに。。。
バランス良く清楚に。。。
バランス良く清楚に。。。

どんな時も大切なことは、全体のバランス。どちらに偏らない、良いバランスを保っていくことが、人生を思いっきり楽しむ要素になっていくのでは。。。

全体のバランスを保つことって、簡単なようで一番難しいことかもしれませんね。

程よいバランスを保ってこそのエンジョイライフ!!!
真夏の夜空を彩どり、舞い散る光のアートに祈りをこめて。。。

☆noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です