サケのふるさと千歳水族館(千歳市)日本最大級の淡水魚の水族館

2017年8月4日(金)

国高同級生北海道旅行2017の最後の訪問先は、「サケのふるさと 千歳水族館」。1994年に開館し、2015年にニューアルオープンしました。

サケのふるさと 千歳水族館
サケのふるさと 千歳水族館

「サケのふるさと 千歳水族館」は、千歳市の「道の駅サーモンパーク千歳」に隣接する日本最大級の淡水魚の水族館。サケをはじめとする、様々な淡水魚の生態や千歳川の生き物を観察できます。

高さ5m幅12mの巨大水槽
高さ5m幅12mの巨大水槽

千歳川の水中を観ることのできる日本国内初の「水中観察ゾーン」、透明アクリルタッチプールで、チョウザメの赤ちゃんやウグイなどの魚たちをタッチできる「体験ゾーン」、ミニチュアのインディアン水車が回る水槽など、今までにないような新しい体験が楽しめます。

釣り好きの内田さんに、魚の種類をいろいろ説明していただきながら見学しました。

銀色にきらめく魚たち
銀色にきらめく魚たち
ネームパネル
ネームパネル

稚魚たち
稚魚たち

世界の淡水魚ゾーンでは、アマゾンの淡水エイ、デンキウナギ、ナマズ、ナイフフィッシュ、アロワナなど見たこともないようなバラエティに富んだ魚たちに出逢えて、とっても楽しいひとときでした。

この後、新千歳空港へと向い、充実した3日間の北海道旅行に別れを告げました。

2泊3日の短い期間ではありましたが、北海道の大自然に触れながら、飲んで食べておしゃべりして、北海道の魅力を共に味わうことができたことを、心から感謝いたします。楽しい素敵な時間を本当にありがとうございました。

次回は、内田さんの第二の故郷とも言えるロシアの地で、皆さんにお逢いできることを夢見ています。

ひまわりの里
ひまわりの里

▶ 関連記事

都立国立高校の同級生と2泊3日の北海道旅行 2017日(2017年7月24)

サケのふるさと千歳水族館(千歳市)で世界の淡水魚を観察(2017年6月9日)

☆ noboru & ikuko

サケのふるさと 千歳水族館

地図:サケのふるさと 千歳水族館北海道千歳市 花園2丁目312
Tel:0123-42-3001

【営業時間】9:00~17:00
(7/1~9/30は18時閉館)
【定休日】 年末年始
【駐車場】 道の駅 サーモンパーク千歳に隣接
 
【ホームページ】サケのふるさと 千歳水族館 | 日本最大級の淡水魚水族館

高同級生北海道旅行2017の最後の訪問先は、「サケのふるさと 千歳水族館」。
千歳水族館は、1994年に開館し、2015年にニューアルオープンしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です