玄鳥至(つばめきたる)十三候

2016年4月8日(金)

【4月4日(月)〜8日(金)】
二十四節気: 清明・初候
七十二候 :十三候・玄鳥至(つばめきたる)

春の温かな陽射しの中、生命が清らかに明るく輝き始める頃、
夏鳥であるツバメが、南方から渡ってくる季節。。。

鳥さん、あなたのお名前は?
鳥さん、あなたのお名前は?

春の訪れとともに、本格的な農耕シーズンの始まりです。

ツバメの餌は、空中を飛ぶ昆虫(ハエ、ハチ、アブ、羽アリなど)で、
ツバメは飛びながら餌を捕まえます。

大空を飛び回る鳥さん。。。
大空を飛び回る雲雀さん。。。

一方、北海道では、この時期、飛来し田んぼに降りて、
餌をついばむ白鳥たちの姿があちこちに見られます。

食べている餌は、落穂、稲の新芽や根、藻などと言われています。
水の中に顔を突っ込んで、首をクネクネさせながら、泥だらけ。。。
疲れて、身体をまるめ、居眠りしている白鳥さんもいます。

落穂をついばむ白鳥さん!
落穂をついばむ白鳥さん!@和地区(撮影:2016年4月7日)

空を飛ぶ時は、声を掛け合いながら、見事なV字を描いて飛んで行く白鳥さん達。。。

寒い冬に終わりを告げて、明るい春に向かって、
すべての生命がいきいきとうごめきはじめた今日このごろです。。。

生命が目覚めはじめる春の光
生命が目覚めはじめる春の光

✧ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です