草木萌動(そうもく めばえ いずる)六候

2016年3月3日(木)

【2月29日(火)〜3月4日(金)】
二十四節気:雨水・末候
七十二候 :六候・草木萌動(そうもく めばえ いずる)

草木萌動(そうもく めばえ いずる)。
草木が芽吹きはじめる頃、草の芽が萌え出す「草萌え」の季節。

きっと、雪の下の地面では、草の芽が生命を
育みはじめていることでしょう。。。

そういえば、雪や氷に覆われた樹木の冬芽が
ふっくら膨らんできているように感じた今日此の頃です。

道路の雪を溶かす春の陽
道路の雪を溶かす春の陽

「萌える」・・・
「草木が明るい日差しを浴びて萌えいずる」ような、
心が浮き立つ言葉。。。。

この言葉は、炎が燃え上がるイメージとは違って、
静かにゆっくりと生まれてくるような、
みずみずしさが感じられます。

「萌えいずるような春の息吹」・・・
いつも心に抱いていたい心模様。。。

心の重い扉をノックして。。。
心の重い扉をノックして。。。

今まで、暗く閉ざされていた心のドアをノックして、
勇気を出して、重い扉を開いてごらん、

冷たくて重い扉も、春の温かい陽を浴びて、
溶け出して、すぅ〜と軽くなっていく心の扉。。。

苦しい時こそ、
いつも支えてくれる人々の真心を心に描いて、
心の中に「感謝の灯火」を灯し続けよう。。。

次第に、凍りついた冷たい心が、
ぽぉ〜〜〜っと温かくなっていくよ。。。

春の温かい陽を、胸いっぱいに深呼吸して、
ゆっくりとマイペースで、歩みはじめよう、
喜びも苦しみも共に分かち合える人生を。。。

感謝の灯火を心に抱いて。。。
感謝の灯火を心に抱いて。。。

✧ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です