土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)四候

2016年2月23日(火)

【2月19日(金)〜23日(火)】
二十四節気:雨水・初候
七十二候 :四候・土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)

土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)。
冷たく降り続いていた雪が、春の温かな雨に変わってくる頃。

どこまでも続く白い道
どこまでも続く白い道

暦の上では、「雨水」に入り、時折、雨まじりの雪がちらつき、
道路の地肌が見え隠れしています。

樹木に吹きつけた雪は、氷と化し、枝に凍結付着した粗氷が、
風鈴の音色のように「シャリシャリ、シャキーン」と風に揺れています。

枝に凍結付着した粗氷
枝に凍結付着した粗氷

そして、太陽の光を浴びて、クリスタルのように、
キラキラと輝いています。

飴色に煌めく氷の枝
飴色に煌めく氷の枝

一方、風になびいて舞う、
白い衣装を纒った樹木たちの華麗なるダンス。。。

真っ白い雪のキャンバスには、
影絵のように楽しげにダンシングする姿が投影されていました。。。

樹木のダンシング
樹木のダンシング

まだまだ遠い春の兆し。。。
耳をすませば、じんわりと忍び寄る春の足音が、
かすかに響き渡っているような今日此の頃です。。。

春の足音はまだ遠い。。。
春の足音はまだ遠い。。。

✧ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です