霎時施(こさめときどきふる)五十三候

2016年11月2日(水)

【10月28日(金)〜11月1日(火)】
二十四節気:霜降・次候 
七十二候 :五十三候・霎時施(こさめときどきふる)

霎時施(こさめときどきふる)、
小雨がパラパラと降っては止む頃。

気まぐれなお天気
気まぐれなお天気

この小雨は、通り雨のように降り、
じきに止んでしまう「時雨(しぐれ)」のこと。。。

時雨のつく言葉には、その姿や音から連想して、

 ・空の時雨:涙のこと。落ちる涙を、降る時雨に喩えた言葉
 ・木の葉の時雨:木の葉の散るさまや音を時雨に見立てた言葉
 ・川音の時雨:川の音を時雨に喩えた言葉

等があり、「時雨饅頭」などと名づけらたお菓子もあります。

降り始めたと思いきや、いつの間にか止んで、
晴れ間が現れたと思いきや、また降り出す。。。

なんとも移り気な空模様。。。
そんな「女心(男心?)と秋の空」は何処かに雲隠れし、
どんより覆うグレーな雲に、雪がチラツキはじめた冬空が広がるこの頃・・・
さあ、タイヤ交換をして、冬支度のはじまりです。

冬に向かってGO!
冬に向かってGO!

☆ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です