雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)四十六候

2016年9月30日(金)

【9月22日(木)〜27日(火)】 
二十四節気:秋分・初候 
七十二候 :四十六候・雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)、
夏の間に鳴り響いた雷が収まってくる頃。

「天高く馬肥ゆる秋」・・・青く澄み渡る空が、高く感じられる季節。。。

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)
雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

そして変わりやすい秋の空模様は、「女心と秋の空」? 
それとも「男心に秋の空」でしたっけ???

美味しいものが沢山現れ、心ウキウキ、フワフワと彷徨ってしまいそうな季節です!

打ち寄せる波の音・・・
打ち寄せる波の音・・・

流れる雲に、天高く空を仰ぎ、
打ち寄せる波の音に、そっと耳をすませ、
そよぐ風に、ヒヤッと冷たい秋を感じるこの頃の季節。。。

緩みがちな気持ちをビッシっと引き締めて、
瞬間を奏でていく、爽快な秋の気配を見逃すことなく、
じっくりと感じ取っていきたい毎日です。。。

気持ちをキリリと引き締めて。。。
気持ちをキリリと引き締めて。。。

☆ noboru & ikuko

“雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)四十六候” への2件の返信

  1. はじめまして。
    以前に何かを検索していましたら、こちらにたどり着きました。
    黄色いコペンに仲睦まじいお二人はとても素敵です。
    実は、私も神奈川県から道南の鹿部町に移住してきました、2004年のことです。
    一時、コペンも愛用していましたが、スキーに出かけるので手放してしまいました。

    鹿部では一人生活です、妻は仕事をしている関係で神奈川に在住、たまに来るのですが。
    ふふ、ここがお二人と違う点ですね・・・

    色々とお出かけされているようですので、これからも楽しみにしております。

    1. マンタンさん、コメントありがとうございます。
      マンタンさん、移住の先輩ですね。
      鹿部町は雪が道北に比べて少ないと伺っております。
      また、コペンにお乗りだったとのこと。こちらも先輩ですね。
      当方、コペンは走行距離19万キロを超えましたが、まだ頑張ってくれています。
      これからも、体の動く限り北海道の魅力を味わっていきたいと思います。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です