砂澤ビッキ記念館(エコミュージアムおさしまセンター・音威子府村)

【470】音威子府村, 美術館・博物館・ガーデン

2019年9月30日(月)

音威子府村(おといねっぷむら)筬島(おさしま)にある「砂澤ビッキ記念館」。

現代彫刻家・砂澤ビッキが、音威子府村・筬島(おさしま)の自然に魅せられて移り住み、旧筬島小学校跡地にアトリエ兼住居として彫刻活動を継続。

2004年にアトリエを改築してオープンした砂澤ビッキ記念館。砂澤ビッキ記念館には、57歳で亡くなるまでの11年間に製作した約1000点の作品のうち200点余りが展示されています。

※ 砂澤ビッキ:1931年、アイヌの両親のもと、旭川市に生まれる。本名は:砂澤恒雄(ひさお)、「ビッキ」(カエル)は愛称。1989年57歳で死去。

外観

砂澤ビッキ記念館
砂澤ビッキ記念館

館内の様子

絵画

絵画の数々
絵画の数々

樹鮭(さけ)

木に緑の顔料を塗り込んで、ブロンズの緑青に見立てて作品。彫り込まれた文様はビッキオリジナル。

樹鮭(さけ)
樹鮭(さけ)

樹蜂(はち)

緑の顔料を塗り込んだ木彫。

樹蜂(はち)
樹蜂(はち)

トーテムポールの木霊(こだま)

かつて音威子府駅前にあった高さ15mのトーテムポール「オトイネップタワー」が分割されて横たわっています。作品が土に還っていくような設置状態です。

トーテムポールの木霊
トーテムポールの木霊

ビッキからのメッセージ

ビッキ氏の写真、「デスマスク」、左手小指はめていた外国コインの「指輪」、「骨壷」などがライティングされ、ビッキとの対話を図るスポット。

ビッキからのメッセージ
ビッキからのメッセージ

ビッキのデスマスク

ビッキのデスマスク
ビッキのデスマスク

森 午前3時の部屋

午前3時頃に「ひらめき」を感じながら、作業をしていたビッキの作業道具、木彫の作品が展示されています。

森 午前3時の部屋
森 午前3時の部屋
作業道具たち
作業道具たち

樹華(きばな)

中央に設置された「樹華(きばな)」。

樹華
樹華

樹氣(きき)との対話

暗闇の空間に、水が張られ、水音が響き合う、十字架を思わせる大型作品。木と水と光が混じり合う異空間。かつて体育館の洗い場であり、ビッキがキッチンとして使用していた場所。

樹気との対話」TOH
樹気との対話」TOH

INAI INAI BAR・いないいないばぁー

ビッキ氏が店内装飾を手描けた、札幌ススキノニューオリンピアビル地下のスタンドバー「INAI INAI BAR・いないいないばぁー」を移設した空間。

「INAI INAI BAR・いないいないばぁー」
「INAI INAI BAR・いないいないばぁー」

「いないいないばあー、あなたお帰り?」の文字。。。

「あなたお帰り?」
「あなたお帰り?」

ビッキ氏と木の魂が、混じり合い響き合う感覚が伝わってくるような空間に、感動し心震わせたひとときでした。

木の魂が響き合う空間に、感謝をこめて。。。
木の魂が響き合う空間に、感謝をこめて。。。

その他の写真

砂澤ビッキ記念館の写真(55枚)はこちら >

関連記事

松下元秀さん北海道旅行 2019・道北を軽ワゴンで巡る4泊5日ドライブ【No.1】(2019年9月11日)

☆ noboru & ikuko

砂澤ビッキ記念館

地図:砂澤ビッキ記念館北海道中川郡音威子府村字物満内55 エコミュージアムおさしまセンター
Tel:01656-5-3980
【営業時間】09:30〜16:30
【定休日】月曜日(祝日時は翌日)
【駐車場】10台分程
【ホームページ】砂澤ビッキ記念館

 

おすすめ記事