波灯の女(はとうのひと・留萌市)灯台の神秘な輝き

つぶやき

2019年4月18日(木)

留萌市、増毛町へのドライブ中、ふと立ち寄った留萌港。。。

天色の海

天色の海
天色の海

波灯の女(はとうのひと)

瑠璃色に広がる空、天色になびく海、そこに整然と佇む灯台「波灯の女(はとうのひと)」。

灯台「波灯の女」
灯台「波灯の女」

光輝く

見上げた瞬間、太陽の光を見事にキャッチし、神秘なオーラを放つ波灯の女。。。

息を呑むほど神々しくも、いのちの灯火が、光輝いた瞬間!!!

神秘なオーラを放って。。。
神秘なオーラを放って。。。

静かになびいて、限りなく透明な海、そして、うっすらと残雪をまとう山々。。。

冷やっと爽快な空気を、思いっきり深呼吸できた至福のひとときに感謝!!!

限りなく透明な空気をまとって。。。
限りなく透明な空気をまとって。。。

波灯の女の写真(27枚)はこちら >

関連記事

ブロンズ製灯台「波灯の女」(留萌市)(2016年2月1日)

☆ noboru & ikuko

波灯の女

地図:波灯の女北海道北海道留萌市(大町1丁目)
【点灯年月日】2007年7月16日
【像本体】青銅製・基礎部:コンクリート造
【駐車場】「波灯の女」像の周辺
【参考ページ】波灯の女│日本の灯台

 

おすすめ記事

つぶやき

Posted by noboru & ikuko