春のお彼岸

【434】秩父別町, つぶやき

2019年3月22日(金)

春分の日を中日とした春のお彼岸の季節です。昼間の時間が少しずつ伸びて、寒さがゆるいで春めいてくる頃。。。

太陽が真西に沈む春分の日は、夕陽が極楽浄土への道標と考えられていています。

極楽浄土へ続く道(秩父別町にて)
極楽浄土へ続く道(秩父別町にて)

ご先祖様を供養し感謝するとともに、自然や生物、すべての生命に感謝し、讃え、慈しむ心を抱いて過ごす日々。。。

人間は、決してひとりで生きているのではなく、人と人と繋がって、支えたり支えられたりしながら生きている。。。人間は、人との繋がりによって生命が存在し、自分が相手に対して起こした行動は、必ず自分に帰ってくる。。。良いことも悪いことも。。。

人間として生命が与えられた以上、自分と繋がっている人々や物事に感謝し、真心こめて、自分ができることを精一杯心を尽くして、一歩一歩進んんでいこうと感じる今日この頃です。

生命あるすべてに感謝して(秩父別町にて)
生命あるすべてに感謝して(秩父別町にて)


☆ noboru & ikuko

 

おすすめ記事