インスタグラム「together1002」スタート

2018年1月17日(水)

インスタうグラム「together1002」スタート。
Together1002

together102/0117/2018
together102/0117/2018

2010年3月に北海道北竜町に移住し、今年2018年3月で8年の年月が過ぎようとしています。

北竜町に有り難いご縁をいただき、今ここに存在できるのは、いつも見守り応援してくださる、素晴らしい北竜町の皆様のお陰です。言葉に表すことのできないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。

北海道での生活は、東京に住んでいた頃とは別世界の日々が広がっています。それまでは、ゆっくりと会話する時間さえ持てず、家族旅行などほとんど無い生活でした。一方、北海道は来てからは、常に一緒に過ごす生活を送っています。私の足の痺れが進行し、捕まっていないと歩行困難なこともあり、主人に補助してもらいながらの歩行となっています。

仕事においても、有り難いことに町の情報発信の仕事をいただき、二人三脚で協力しあい、お互いの力を補い合いながら、二人だからこそできる仕事を心を尽くし全力で取り組んでいます。

心に描いたことは、すぐに行動し実行!。その行動範囲は、愛車コペンで20万kmを超え、2代目エブリィワゴンで4万kmを超える距離を移動しています。北海道の行きたい場所に車を走らせ、美しい景色を愛で、地域の美味しい食べものを味わう、それはまさに、エンジョイ!北海道ライフです。

こうした楽しさは、苦しいことも反比例して発生。精神的にも身体的に辛いこともいろいろ経験しています。

これまでに、主人は、2度の外科手術を受けたり、膝の痛みで歩けなくなったこともありました。私は、足の痺れだけでなく、膠原病の持病があるので、突然襲ってくる胃痛、腹痛、気管支炎、肩や首に痛み、頭痛、目の痛みなどに耐えつつ、今は、湿疹による痒みと痛みと苦しみに向き合いながら、忍耐の日々を送っています。

仕事内容や考え方の違いで喧嘩することも、悔しかったり悲しかったりお互い嫌になってしまうことも多々あります。そんなときは、淀んだ空気を遮断して、その場を離れて、全く別の楽しいことを心に描いてみる。すると、喧嘩をした内容さえ忘れ、別の話題で話が進み、全く別の空気が広がっていきます。毎日、そんなことの繰り返し。

そんなセカンドライフの中で、一番実感していることは、夫婦二人で一緒に行動することの大切さです。一人ではできないことも、二人一緒だと可能になることがたくさんあります。

しかし、ずっと一緒に行動する上で大事なことがひとつ。それは、お互いの適度な距離感を持つことです。

二人で思いっきり楽しむ共通点を持ちながら、それぞれに好きなことをして楽しむ時間を持つこと。お互いを尊重しあい、感謝しあい、楽しみながら、いい塩梅にいい空気が流れる空間(隙間)を保っていくことだと思います。

息苦しくならないように、ゆっくりと深呼吸するゆとりのひとときが必要なのではないかと感じています。

そんな夫婦の北海道での「Together Life」は、どんな世界が広がっていくのでしょうか。

過去・現在・未来を交差させながら、「Together1002」を心の赴くままに綴っていきたいと思います。尚、「1002」の数字は、私達の結婚記念日1982年「10月2日」を示しています。

together102/0117/2018
together102/0117/2018

インスタグラム(2018年1月17日)

☆ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください