道の駅 おびら鰊番屋(小平町)お土産・旧花田家番屋見学を楽しむ

2017年7月27日(木)

道の駅 おびら鰊番屋内に、2015年に新たにオープンした「小平町観光交流センター」。

休憩コーナーの吹き抜けホールの壁には、大漁旗が展示。特産品販売コーナーでは、豊富な品揃い!!! 所狭しとお土産を選ぶ沢山の人々でいっぱい!

休憩コーナーの吹き抜けホール
休憩コーナーの吹き抜けホール

敷地内には、最北端の国指定重要文化財である旧花田家番屋があり、年間を通じて公開されています。

明治38年(1905年)頃に建築された道内でも最大規模の番屋で、200人を超える雇人を使う大鰊漁家。当時のやん衆生活模様が再現されています。

旧花田家番屋
旧花田家番屋
番屋入り口前にて
番屋入り口前にて
阿部くん自撮り中
阿部くん自撮り中
お座敷
お座敷
金唐和紙のふすま
金唐和紙のふすま
番屋の中心「にわ」
番屋の中心「にわ」
珍しい陶器の便器
珍しい陶器の便器
広間
広間
漁船「永吉丸」
漁船「永吉丸」

110年の時を超えて、当時のやん衆たちの威勢のいいソーラン節が響き渡ってくるような空間です。。。
この後、留萌市を経由して、増毛町をあちこち観光します。

▶ 関連記事
都立国立高校の同級生と2泊3日の北海道旅行 2017日(2017年7月24)

☆ noboru & ikuko

おびら鰊番屋

おびら鰊番屋北海道留萌郡小平町鬼鹿広富
Tel:0164-57-1411

【営業時間】
・5月~10月 09:00~17:00
・11月~4月 10:00~16:00
【定休日】 月曜
【駐車場】 道の駅

【参考ページ】おびら鰊番屋 – 北の道の駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です