奥尻島一周ドライブ(奥尻町)

2014年6月24日(水)

北海道南西部の日本海に浮かぶ島「奥尻島」。
面積142.97km²、周囲84km。
夏には、とれたてのウニやイカなど海の幸が堪能でき、自然豊かな島。

フェリー運航で、約2時間のクルージング。
江差町〜奥尻島(61km・約2時間20分)1日往復2便、
せたな町〜奥尻島(43km・約1時間36分)夏期のみ。

フェリーが奥尻港に入港すると、マスコットキャラクター「うにまる君」がニッコリお出迎え。

奥尻島フェリーターミナル

フェリーターミナルのある奥尻地区は、島の中心地。

島のシンボルである「鍋釣岩」も歩いて5分の場所にあります。
「鍋釣岩」は、中が空洞になっている、高さ19.5mの岩。
鍋の弦の形に似ていることから命名。
夜はライトアップされ、幻想的な姿が浮かび上がる。

鍋釣岩

鍋釣岩から山手に向かうと、公園「ファミリーパーク」。
ここでは、ウニをモチーフにしたモニュメント「ウニマル」が島を見守るかのように存在しています。

「ウニマル」モニュメント

更に南下し、島の南端が「青苗(あおなえ)地区。
1993年7月12日発生した北海道南西沖地震の震災の全容を記録し、
展示保存した施設「奥尻島津波館」が2001年にオープン。
テーマ別に7つの展示スペースが設けられ、災害の様子と復興の全容を伝えています。

奥尻島津波館

「奥尻島津波館」の隣に設置された慰霊碑「時空翔(じくうじょう)」。

「心と海と翼」が表現され、198名の犠牲者の名前が刻まれている。
御影石で造られた慰霊碑の中央のくぼみは、震源となった南西沖を向き、
震災のあった7月12日に太陽が沈むように設置されています。

時空翔

島南部から西海岸を回っていくと、海岸沿いには奇岩や巨岩が点在。

さらに神威脇漁港の小高い丘には北追岬(きたおいみさき)公園があり、
彫刻家「流政之」氏の8つのモニュメントが設置されています。

北追岬
モニュメント

北国岬あたりから、島内陸部の西東を横断するルートを進み、
標高369.3m「球島山(たましまやま)展望台へ。
展望台の下まで車で入り、90段を超える長い石段を登り頂上へ到達。
島の北部一帯が一望できる絶景スポットです。

球島山 頂上

山道を下り、島北東部の海岸沿いが宮津地区。
宮津弁天宮が見えてきます。
1831年、大漁祈願の御神体として弁天様が奉納されたのが始まり。
弁天様は、弁天岬の急斜面、164段の石段を登った頂上に鎮座されています。

弁天宮

そこから南下していくと、スタート地点である奥尻地区に到着です。

周囲約84kmの島一周ドライブ。
海あり山あり、芸術ありの様々な発見ができる楽しい体験の数々。
いろんな魅力満載のドライブを、マイスタイルで味わってみませんか?

ハートランドフェリーを見送る「うにまる」くん

☆noboru&ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です