超高層ビル・台北101(台北市)

2016年11月18日(金)

台北の街を一望に見渡せる超高層ビル「台北101」。

台北101
台北101

2004年に完成となった「台北101」は、高さ509.2m、地上101階、地下5階。
全面ガラス張りで、宝塔と竹がイメージされた建築。
27階から90階にかけて、逆台形の8つの節が連なる形を成しています。
ビルの外壁の装飾が「金銭運の象徴」、出世を象徴する「竹」がモチーフとなっているとのこと。

地上101階、高さ509.2m
地上101階、高さ509.2m

台北101は、地下1F~地上6Fまでがショッピングモールとなっていて、世界一流ブランドが一堂に会しています。中央が吹き抜けとなっているので、開放感のある空間が広がっています。

世界一流ブランドのショッピングモール
世界一流ブランドのショッピングモール

5Fが、101展望台入り口。5階から展望台のある89階までは約382m。
毎分1,010m(時速60.6km)の高速エレベーターで上昇すること37秒!!!

チケットセンター
チケットセンター

チケット購入すると、必然的に来場記念の撮影があり、それを済ませてから、エレベーター方向へ進みます。

来場記念撮影(購入しなくてもOK!)
来場記念撮影(購入しなくてもOK!)

エレベーターの中には階数電光板があり、エレベーターが上昇していくスピードが表示されます。

階数電光板
階数電光板

89階の展望台に到着すると、2016年丙申年の
孫悟空版「Damper Baby」がお出迎え!

孫悟空版Damper Baby
孫悟空版Damper Baby

台北の街を360度見渡せるパノラマ。。。

ビルが立ち並ぶ街
ビルが立ち並ぶ街
山の裾野の街並み
山の裾野の街並み
建設が進むビル街
建設が進むビル街
ユニークな建物
ユニークな建物
台北ドームを望む
台北ドームを望む

88階へ行くと、台北101ビルの秘宝とも言われている Wind Damper を観賞できます。
防風耐震対策として導入された「Wind Damper(ウインドダンパー)」は、世界最大の振り子型動吸振器。
直径5.5メートル、重量660トンの鉄球で、巨大な吹き抜け空間に吊り下げられています(鉄球が揺れると接続された制振ダンパーが衝撃エネルギーを吸収し、ビルの揺れと相殺する仕組み)。

Wind Damper(ウインドダンパー)
Wind Damper(ウインドダンパー)

空からの台北の街の全貌を存分に堪能し、ビル前広場へ。広場に設置された「LOVE」の文字の真っ赤なオブジェが印象的でした。

台北101前広場
台北101前広場

昼も夜も、台北の街は、スクーター王国。
1人乗り、2人乗り、時には4人乗りのスクーターで溢れています。

スクーター王国
スクーター王国
圧倒的な爆音で走り抜けていくスクーター
圧倒的な爆音で走り抜けていくスクーター
時に家族4人乗りも!?
時に家族4人乗りも!?
スクーターであふれる夜の街
スクーターであふれる夜の街

台湾パワーに溢れた、活気ある街「台北」でした。

新光三越ショッピング街
新光三越ショッピング街

写真(56枚)はこちら >>

▶ 関連記事

北海道空知の魅力をPR@第24回台北国際旅行博・ITF2016(台北市)その1
北海道空知の魅力をPR@第24回台北国際旅行博・ITF2016(台北市)その2

☆ noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です