地始凍(ちはじめてこおる)五十六候

2016年11月17日(木)

【11月12日(土)〜16日(金)】
二十四節気:立冬・次候
七十二候 :五十六候・地始凍(ちはじめてこおる)

地始凍(ちはじめてこおる)、
寒さで大地が凍りはじめる頃。

今年、北海道旭川市で初霜が観測されたのが、10月5日。
本州では盛岡での初霜が10月22日に一番乗りしました。

立冬を迎え、寒さに向い、色んなものが凍りはじめます。
凍るなかでも不思議な現象に「雨氷(うひょう)」があります。
雨氷は、氷点下になっても氷にならない雨が、木などに付着して凍結し、透明な氷層を成すもの。

煌めく雨氷:撮影2016年2月16日(火)
煌めく雨氷(撮影:2016年2月16日)
透明な氷層を成して煌めくダイヤモンドの輝き
透明な氷層を成して煌めくダイヤモンドの輝き
太陽の光を浴びて。。。
太陽の光を浴びて。。。

太陽の光に照らされて、キラキラと輝き、
まるで氷花のダイヤモンドのように美しい姿を現します。
(写真は今年2月頃のもの)

寒さの中に現れる「雪」「氷」など、自然が織り成す、
雄大な神秘性をじっくりと味わう季節がはじまります。

☆noboru & ikuko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です