雪野原の小さな木

2015年2月19日(木)

真っ白に広がる雪野原の真ん中に、
細長い自分の姿を雪に写し出しながら、
ぽつんと佇む一本の小さな細い木。

ホロピリ湖の雪野原に佇む小さな木
ホロピリ湖(沼田町)の雪野原に佇む小さな木

小さな小さな雪うさぎが側にきて、
訪ねました。

「ねぇ、どうしてひとりぼっちなの?
そんなに背伸びしなくても、
そのまんまの自分を描けばいいのになぁ〜

失敗したっていいじゃない!
失敗を繰り返す度に、大きく強くなれるんだから・・・

心配している時間がもったいないよ
だって、心配するって、自分が辛いだけで、状況は同じでしょう

余計なことを考えるより、
ただひたすら、なりたい自分を描いていれば、
心が楽しくなって、どんどん前へすすめるんじゃない!!!」

小さな細い木が答えました。

「そうだよね〜
なりたい自分を想像するって、楽しいもんね
よ〜し、未来のカッコイイ自分を描いて Let’s goーーー ♬」

✧いくこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です