ジェラール・ディマシオの4次元的空間

2014年7月31日(木)

新冠町にある太陽の森 ディマシオ美術館。

ディマシオ

競走馬の産地として有名な新冠町
サラブレッド銀座の両脇は、馬が戯れる牧場が続く

太陽の森「ディマシオ美術館」は、
2009年、太陽小学校の廃校を再利用して建てられもの

フランス幻想絵画の巨匠とされるジェラール・ディマシオの
世界最大の油絵(高さ9m×幅27m)、約250点の作品が並ぶ

過去、現在、未来の時間空間を超越した存在感、
破壊、誕生、創造を感じさせる4次元的空間・・・

人間であるような、ないような、
形があるような、ないような、
摩訶不思議な空間。。。

宇宙に投げ出されて、浮かんで、彷徨っているよう。。。

☆いくこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です