軽車中泊車の装備・軽自動車エブリィワゴンPZターボSP・4WDハイルーフ・ガレージ宮島車中泊仕様

軽自動車エブリィワゴンPZターボSP4WDハイルーフ(DA64W・2014年登録)ガレージ宮島車中泊仕様について、まとめてみます。
私達の希望を宮島代表がプロの技と視点で具現化してくれました。

◎ 整備工場:ガレージ宮島(宮島康英 代表)
 北海道雨竜郡北竜町字板谷107-1  Tel:0164-34-3560

シュラフ等、私達自身で購入して設置したものについては、別記事にてご紹介します。

▶1. 車中泊仕様

(1)脚を伸ばして2名が就寝できるベッドキット
 ・ヒョーグ社製「エブリィ&バモス用ベッドキット・フルベッドVer.」をベースとして宮島代表が加工
 ① ベッドボードをバックドアまで後方に下げることができるように加工
 ② ベッドへ乗り降りがし易いように、後部の高さ30cmの鉄製支柱を高さ13cmに切断して加工
 ・後部の鉄製支柱のみを使用し、前部の支柱は使用しない仕様(畳んだ後部シートの上にベッドボードを直接置く)
 ・収納時の高さ13cmまでのポータブルチェア・テーブルなどを収納する予定
 ③ 長さ150cmのキットに加え、20cmの延長ボードを特別に発注。
  前部シートを運転できる状態にして、フルフラットな縦170cm・幅125cmのベッド(身長165cmと150cmの夫婦には十分)。前部シートを一番前にスライドして倒すと、さらに20cm程の隙間ができる

ベッドキット・20cm延長キット設置済
ベッドキット・20cm延長キット設置済
リアシートは、左右も片側でも通常の形で利用できます
リアシートは、左右も片側でも通常の形で利用できます
後部から見たところ。床からベッドボードの下面まで13cmの空間があります
後部から見たところ。床からベッドボードの下面まで13cmの空間があります
ベッドボードと鉄製支柱の位置関係
ベッドボードと鉄製支柱の位置関係
延長ボード・ボードと後部座席の位置関係
延長ボード・ボードと後部座席の位置関係
延長ボード。運転席と助手席は通常運転する位置
延長ボード。運転席と助手席は通常運転する位置
オートステップを使って、ベッドに座ることができます
オートステップを使って、ベッドに座ることができます。今以上に座面が高いと座るのが大変だったでしょう。

(2) 間仕切り・カーテン・プライバシーシェード等一式
 ① 運転席後方の間仕切りカーテン(使わないときは左右のピラーの取手に両面テープ付きバンドで止める)
 ② 運転席、後部全窓への防水・遮光プライバシーシェード一式(趣味職人社製・エブリィDA64Wワゴン用)

間仕切りカーテン。サイドにマジックテープがついていて、上部の湾曲部もふさがります。
間仕切りカーテン。サイドにマジックテープがついていて、上部の湾曲部もふさがります。
プライバシーシェードは、前席分、後席分もルーフレームのネットに収納できます
プライバシーシェードは、前席分、後席分もルーフレームのネットに収納できます

(3)PC2台が使えるリアシートテーブル
・リアシート用のポータブルテーブルを使う(別記事にて紹介)
 
(4) ルーフフレーム(プライバシーシェードを収納)
・トランポプロ社製ルーフフレーム・キット(DA64Wエブリィ用)
・ネット、S字金具

ルーフフレームの前方部
ルーフフレームの前方部
ルーフフレームの後方部
ルーフフレームの後方部

▶2. 電装関係

(1) カーナビ(中古車に設置済み)、バックカメラ、エンジンスターター、ETC、レーダー探知機
 ・ バックカメラ一式は、ワゴンR用のパーツを利用し、宮島代表が作成したスペシャル

レーダー探知機OBDセット(ユピテル社製A710)・待受画面は車両情報 左上より:速度・回転数・ブースト圧、左下より:水温・瞬間燃費・電圧
レーダー探知機OBDセット(ユピテル社製A710)・待受画面は車両情報
左上より:速度・回転数・ターボブースト圧、左下より:水温・瞬間燃費・電圧
バックカメラ一式・ガレージ宮島スペシャル
バックカメラ一式・ガレージ宮島スペシャル
バックカメラ一式・ガレージ宮島スペシャル
バックカメラ一式・ガレージ宮島スペシャル

(2) 走行中にノートPC2台、iphone1台、カメラ用バッテリーに充電可能な装備・一式
 
 ① オルタネーター90A(ケーパワーオルタネーター KP-106)に交換(純正60A)
 ② パナソニックバッテリーカオス80B24Rに交換(純正38B20L)
 ③ 正弦波カーインバーター1000W(100V:3口・USB5V:1口)
 ・前席コンソールボックスの上部に固定して設置

正弦波カーインバーター1000W
正弦波カーインバーター1000W

(3)間欠時間調整式ワイパー(トヨタ純正)に交換
 ・純正の間欠式ワイパーは時間調整ができない

(4)外気温を測定できる温度計センサー・一式
 ・電圧サーモ電波クロック+外気温センサー

電圧サーモ電波クロック+外気温センサー
電圧サーモ電波クロック+外気温センサー

(5)フォグランプ・スモールランプ・ルームランプ・ナンバーランプLED化

(6)ダッシュボード2連ソケット設置

▶3.内装

(1)コペンで使っていたmomoステアリング(TREK R)を移設

ペンのmomoステアリング(TREK R)
ペンのmomoステアリング(TREK R)

(2)ダッシュボード・シフトノブ黒化
 ・ルナインターナショナル社製ピアノブラックのカバー(PLT 756-1 24P)を設置

ダッシュボード・シフトノブ黒化
ダッシュボード・シフトノブ黒化

(3)シートカバー黒化
 ・イレブンインターナショナル社製「クラッツィオ(ES-6030)」・前席・後席設置

イレブンインターナショナル社製「クラッツィオ(ES-6030)」・前席・後席設置
イレブンインターナショナル製「クラッツィオ(ES-6030)」・前席・後席設置

(4)アクセル・ブレーキ・フットレストカバー
 ・カーメイト社製RAZO GT SPECペダルセット、スズキ純正フットレストカバー

カーメイト社製RAZO GT SPECペダルセット、スズキ純正フットレストカバー
カーメイト社製RAZO GT SPECペダルセット、スズキ純正フットレストカバー

▶4.その他

(1)タナベ社製マフラー・メダリオン(ES03WB-GA)に交換

タナベ社製マフラー・メダリオン(ES03WB-GA)
タナベ社製マフラー・メダリオン(ES03WB-GA)オールステンレス
タナベ社製マフラー・メダリオン(ES03WB-GA)下から
タナベ社製マフラー・メダリオン(ES03WB-GA)下から

(2)車体下回りノックスドール施工
(3)外装ガラスコーティング
(4)冬タイヤ一式(夏はガレージ宮島さんにて保管)
(5)夏タイヤ一式(コペンの夏タイヤ&アルミホイールを利用予定)

エブリィワゴン車中泊仕様の写真はこちら >>

“軽車中泊車の装備・軽自動車エブリィワゴンPZターボSP・4WDハイルーフ・ガレージ宮島車中泊仕様” への8件の返信

  1. 初めまして、「every-john」こと斎藤と申します。みんカラで情報を集め、車中泊を楽しんでおります。
    貴殿のブログを楽しく読まさせて頂きました、有難うございます。

    わたしは、エブリイjoinターボ4WDに乗っており、車中泊用のベットなどを架装し、定年以降、愛車とともに全国を回っています。
    私も北海道が好きで、関西から愛車で10回以上渡っていますが、冬の北海道は吹雪いたり積雪や極寒の中での車中泊に自信が無く、行きたいのですが未だ行ったことがありません。
    冬の綺麗な写真を拝見させて頂きましたが、もしかしたら、私でもいけそうな気がしてきました。

    北海道の冬の車中泊について色々とご指導をお願いしたいのですが、もし良ければ教えていただけませんでしょうか?
    よろしくお願いします。

    なお、私の愛車についてはみんカラ
    https://minkara.carview.co.jp/smart/userid/2092698/car/1593896/profile.aspx
    を見ていただけたらありがたいです。

    1. 斎藤満雄さん、コメントありがとうございます。
      みんカラ「every-john」読ませていただきました。全国を巡られて、車中泊の大先輩ですね。
      また、ご自分で架装されて素晴らしいと感心いたしました。こちらこそ勉強させていただきます。

      ところで、冬の北海道ですが、空気が凛と張り詰めた白い世界は感動的です。
      近いうちに、車中泊グッズ編の記事を書く予定です。ご参考になれば幸いです。

      車中泊を始めたばかりの初心者の私達ですが、今後ともよろしくお願いします。

      1. noboru&ikukoさん、ご返事ありがとうございます。
        天気の良い北海道は、多少寒くっても(マイナス20度位)あまり心配はしてないのですが、天気の悪い日吹雪いたり大雪があった日はどうなるどうするのですか?心配です。
        冬の北海道で車中泊は考えてないのですが、天候で予定の宿に行けないことって起きますよね。
        (予定の組んだ旅はあまり好きではないし・・・)
        当日に泊まれる宿があれば良いのですが、夏なら宿がなければ車中泊出来ますし安心なのですが、冬はそうもいかないような気がして、どうしているのか教えて頂けませんでしょうか?
        よろしくお願いします。

      2. 斎藤満雄さん、コメントありがとうございます。

        > 天気の良い北海道は、多少寒くっても(マイナス20度位)あまり心配はしてないのですが、天気の悪い日吹雪いたり大雪があった日はどうなるどうするのですか?心配です。

        はい、おっしゃる通りです。
        現在住んでいる北竜町でも、一晩で雪が50cm程積もることがあります。
        そんなとき、車中泊してしていると、どうなることか?
        私達も、これから体験していくことかと思っています。

        ただ、出かけるときは、ネットで「◯◯町ピンポイント天気」のキーワードで検索して、その地区の天気予報を見ています。
        地元では、「吹雪くときは家にいる」、これが鉄則のようです。車中泊のいいところで、天気予報で出発を簡単に変更できます。

        車中泊の場所選びは大切だと思っています。
        道の駅であれば、万が一のときでもエスケープできそうですし、朝になれば除雪もされるので安心しています。

        これからも、慎重に調査しながら、ときに失敗を重ねながら、情報発信していきたいと思います。

        よろしくお願いします。

      3. ご返事有難うございます。
        そうですね、車中泊の良いところは何処にでも変更出来ることですね。

        道の駅は大変お世話になっています。
        ほぼ2/3は道の駅を利用しています。
        成る程シェルター代わりにも、安心ですね。
        寒いだけなら、FFヒーターは有りませんが、電気毛布と仮の暖房器でしのげますが(最悪寝袋も積んでいます)、吹雪や大雪の時は心配です。
        吹雪時に家(宿)に居る時はいいのですが、急に吹雪くってことは無いのかな? 天気予報で分かるみたいですね。出かけている時に急に吹雪くとどうなるのかなと?
        宿はキャンセルしないと仕方がないのでしょうね。
        逆に急に近くで泊まりたい時は、どうして探すのですか?(ネットでは、田舎の民宿などは探しにくいです。)

        たくさん知りたいことがあって、申し訳ないです。

      4. 斎藤満雄さん、コメントありがとうございます。

        > 吹雪時に家(宿)に居る時はいいのですが、急に吹雪くってことは無いのかな? 天気予報で分かるみたいですね。出かけている時に急に吹雪くとどうなるのかなと?

        おっしゃる通りです。昨日1月12日、私達が住んでいる北竜町から南へ24km程に位置する滝川市へ国道275号を車で行こうとしました。北竜町は小雪程度でしたので、大丈夫かと思っていたのですが、雨竜町から風が強くホワイトアウト状況(瞬間的に全面真っ白になり、感で走るようになる)に。これは危ないと思い、急遽Uターン、自宅に帰りました。
        今日の道新の記事には、雨竜町で多重衝突事故など、事故が相次いだとの記載。Uターンして良かったと思いました。でも、その前に「出かけるな!」との声が聞こえます。

        > 逆に急に近くで泊まりたい時は、どうして探すのですか?(ネットでは、田舎の民宿などは探しにくいです。)

        本当ですね。私達もこれから経験を増やしていくのかと思っています。
        どうも、車中泊時より、移動中の吹雪に対する警戒の方が必要な気がしてきています。

        また、いろいろご報告させていただきます。
        お気軽に、よろしくお願いします。

  2. ご購入有難う御座いました
    長い間お待たせして申し訳ありませんでした
    気に入っていただけたでしょうか 
    メンテナンスなどアフターもこれからもがんばりますのでよろしくお願いいたします

    1. 宮島康英 代表、コメントありがとうございます。
      宮島代表のプロのこだわりには、本当に脱帽です。
      素晴らしい車をありがとうございました。夫婦して感謝です。
      エブリィワゴン、20万km以上お付き合いできるよう大切に乗っていきたいと思います。
      これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です