シュタイフ ネイチャーワールド(新千歳空港)

2013年2月9日(土)

ミュージアム「シュタイフ ネイチャーワールド」
2011年、新千歳空港にオープン

念願かなって、「シュタイフネイチャーワールド」訪問!!!

テディベア生誕110年を記念して
新千歳空港旅客ターミナルビル 連絡施設3階に誕生した
「シュタイフ ネイチャーワールド」

シュタイフ社の総勢2000体もの
ぬいぐるみたちに出会える体感型ミュージアムです

ドイツの街並みを再現した「フェスティバルプラザ」には、
約20メートルの行列で賑わう からくり仕掛けで動くぬいぐるみたち

ゾウなど実物大の乗れるぬいぐるみや絶滅危惧種を展示した
「ディスカバリーフォレスト」



シュタイフ社の歴史を物語る数々の作品を集めた「ミュージアム」などなど。。。

1902年にシュタイフ社から世界で初めてテディベアが生まれて、
2012年は、110周年の記念すべき年。

テディベアの生みの親であるマルガレーテ・シュタイフは、
南ドイツのキンゲンという小さな町で生まれた。
わずか1才半で小児麻痺を患い、両足と右手が不自由となり
生涯車椅子とともに過ごす人生。。。

そんなマルガレーテが、いとこの子供たちを喜ばせようと
動かぬ手と向き合いながら、縫い上げてたフェルトのぬいぐるみ

たちまち皆の人気ものになったベアは、
アメリカに渡り、ルーズベルト大統領の晩餐会のテーブルディスプレイに。。。

テオドア・ルーズベルト大統領のニックネーム「テオドア=テディ」にちなんで
「テディベア」誕生!

シュタイフの歴史を学び、ぬいぐるみとふれあい、エンジョイできるミュージアム。

抱き寄せて、頬ずりしたくなるような、愛くるしぬいぐるみたち 

シュタイフのぬいぐるみたちの楽しげな囁きが聞こえてくるような
素敵な 楽しいハッピーワールド・ミュージアムです!

☆ いくこ&のぼる

夫婦で歩む二人三脚の人生

2013年1月23日(水)

50歳を過ぎてからの人生
夫婦ふたりで歩む 二人三脚の人生

人生の折り返し地点で、
がらりと変化した人生行路

夫婦ふたり、同じ場所から、同じ方向へ
お互いに支えあいながら 歩みはじめた後半の人生

いままで 会話のなかった二人が
思いっきり 心を通わせながら
怒ったり、泣いたり、笑ったり
悩みも感動も 共に味わい、分けあいながら
その瞬間瞬間を 誠実に 真心こめて
楽しみながら 一歩一歩 歩んでいく人生行路

これからの道が どんな風に描かれていくのか
とっても楽しみです

☆ いくこ&のぼる

春の七草

2013年1月7日(月)

苔むした境内

春の七草

せり、なずな、ごきょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ

この7種の野菜を刻んで炊いたおかゆが七草粥
邪気を払い、
豊作を祈りながらいただく春の七草粥

お正月のご馳走とお酒で、
疲れた胃を労って、
野菜不足を補うお料理です。

心をこめて、
い・た・だ・き・ます

☆ いくこ