昭和22年生まれの小学校同級生の会・22会(枝幸町)

2017年5月25日(木)

枝幸町を訪問した日の夕刻、宿泊先である枝幸温泉ホテルニュー幸林「食事処 海朱」にて、高井瑞枝氏の小学校時代の担任教師・石川光昭先生を囲んでの同級生の方々との同窓会が開催されました。

この会は、昭和22年生まれの同級生の会で、「22会」と命名されています。毎月22日の日に石川先生をはじめ皆さんで集まり、これまで32年間休まず続けられているそうです。

石川光昭先生は、枝幸町生まれの枝幸町育ち、今年81歳(昭和11年・1936年生まれ)の若々しくて、とてもお元気な先生です。

40年間の教職員生活の中で、枝幸町内の3小学校に勤務。枝幸町立目梨泊小学校の校長であった石川先生が、1997年(平成9年)の定年退職時には、新任当時の教え子達30人が集まって退職慰労会が開催されたとのことです。

石川光昭先生(81歳)
石川光昭先生(81歳)

皆さんの石川先生に対する印象については、

 「説教をしない先生」
 「常に自分で率先して行動し、子供達を導いてくれる先生」
 「身体でいろんなことを教えてくれる先生」
 「『先生、あそぼ〜』といって誘いに行くことができた先生」
 「頭が真っ黒でふさふさだったので、『石川五右衛門』というあだ名で、皆の人気物の先生でした」

と、石川先生をとても慕っていらっしゃる皆さんです。

思い出のひとつに、石川先生が校長に着任した時の挨拶で、子どもたちに約束した言葉が残されていました。

「皆様のご期待に応えるため、健康な校長、明るい校長、礼儀正しい校長、思いやりのある校長、心豊かな校長になるように精進します」、

「皆さんが、目標に向かって頑張る学校は『日本一の学校』です」、

と、常に子どもたちと心を同じにして、子供達と真摯に向き合っていた石川校長先生。

石川先生が校長に着任した時の挨拶のお言葉
石川先生が校長に着任した時の挨拶のお言葉

石川先生が小学校1年生のときの作文を見せて頂きました。枝幸町から出征した村上裕さんに送られた文集の中に掲載されていた作文とのことです。

「兵隊さん お元気ですか。ぼくは1年生です。敵の一年生に負けないで体操したり、勉強をしているんです。ぼくも大きくなったら兵隊さんになるんです。戦車に乗る兵隊さんです」など、戦争ごっこで遊んだこと、軍需物資の代用品となったドン食い(イタドリ)を採取していることなどが綴られた、出征兵士にあてに書いた手紙です。

石川先生が国民学校初等科3年生のとき終戦を迎え、小学校1年生の夏休みの時、上陸してくる米兵をやっつけるといって一人で竹槍訓練をしたり、夏休み後には、1年男子部で戦勝祈願に厳島神社へ行ったそうです。

石井光昭先生と永澤二郎さん((有)丸二永光水産 代表取締役)
石川光昭先生と永澤二郎さん((有)丸二永光水産 代表取締役)
「22会」の皆さん・左より:高井瑞枝さん、千葉正幸さん、越後晴男さん、日下正人さ
左より:高井瑞枝さん、千葉正幸さん、越後晴男さん、日下正人さん
小田桐信守さん(枝幸町議会議員)
小田桐信守さん(枝幸町議会議員)
千葉正幸さん
千葉正幸さん
笑顔が絶えない石川先生
笑顔が絶えない石川先生

同級生の友人たちの昔話しや現在の状況など、お話は尽きません。

さらに、石川先生が私達に見せてくださったものは、石川先生の教え子が、持ってきてくれたという小学校当時の通信簿。そこには、石川先生の親御さんへ当てた所見が記されていました。

「・・・彼の人格が、怒りを爆発させることなくよく我慢してくれました。・・・私に何の不平も言わないで努めてくれたことに心から礼をいいたい・・・」等など。。。

石川先生の子供達への真剣なご指導と熱い想いが伝わってくるようです。

石川先生が記した生徒の通信簿
石川先生が記した生徒の通信簿

石川先生は、書道の先生であり、歌がとても上手な先生。さらに、毎日の日記を大切に記していらっしゃる先生です。

石川先生が枝幸ハナマス大学の入学式に出席されてお話されたことは、「高齢者が元気で長生きするためには、教育と教養が大切である。『教育』は、『今日行』であり、『教養』は『今日用』と考える事」。

今日の出来事をしっかりと捉え、行動していくことが大切であるという石川先生の人生観が伝わってくるお話です。

石川先生の直筆
石川先生の直筆
石川先生は枝幸の宝!
石川先生は枝幸の宝!

皆さんの忘れられない思い出のひとつに、「小学校6年生の時、修学旅行に行けない子のため、みんなで修学旅行にいけるようにと雑品・ビン等を集めてお金にした思い出があります」と高井氏。

その風習が今に受け継がれ、中学校での雑品集めが、現在でも行われているそうです。

かけがえのない思い出を語る皆さん
かけがえのない思い出を語る皆さん

枝幸の美味しいお酒に、美味しいお料理も沢山並びました!

お刺身盛り合わせ
お刺身盛り合わせ
ホタテのカルパッチョ
ホタテのカルパッチョ
大根サラダ
大根サラダ
音威子府町産そば粉を使った蕎麦
音威子府町産そば粉を使った蕎麦

「石川先生は、『枝幸の宝』、そして私達生徒は『枝幸の宝もの』!」と笑い合う皆さん。枝幸では、「宝もの」は、「どうしようもないやつ」という意味を持つ言葉だそうです。

かけがえのない人々との深い心の繋がりを実感した瞬間でした。

石川先生と過ごした小学校時代の思い出話に花が咲き、笑い声が飛び交う楽しい時間は、あっという間に過ぎていきました。

この貴重な空間をご一緒させていただいたことを心より感謝しお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

写真(40枚)はこちら >>

関連記事
枝幸町【No.005】北海道179市町村巡り・春(2017年5月23日)

☆ noboru & ikuko

ヘアークリエイト バズ・BuZZ(滝川市)祝!開設10周年 & 北海道初 MIYABINA ヘアーエステ認定証取得

2017年2月14日(火)

祝!ヘアークリエイト バズ・BuZZ(滝川市)開設10周年!

Hair Create BuZZ
Hair Create BuZZ

滝川市の美容院「Hair Create BuZZ」さんは、私達が長年通う癒やしの空間。お客様、仲間、家族の出会いに感謝し、みんなが笑顔でハッピーになれる素敵な美容院!

店名「BuZZ」という言葉は、「賑やか、楽しい」という意味があり、このお店にぴったりの言葉です!

滝川市の美容院「Hair Create BuZZ」
滝川市の美容院「Hair Create BuZZ」
明るい店内
明るい店内
整理整頓された空間
整理整頓された空間
東北復興支援物産展
東北復興支援物産展
心を映す鏡
心を映す鏡
スタイリストの生命輝く
スタイリストの生命輝く(宮澤芳憲 店長)
魂がこめられたカットシザーズ
魂がこめられたカットシザーズ (スタイリスト深江佑介さん)
宝石きらめくシザー☆
宝石きらめくシザー☆(スタイリスト笹木円さん)
個性あふれるシザーケース
個性あふれるシザーケース(スタイリスト白川晃司さん)
スタートし、走り出すシザーズ!(スタイリスト戸島大空さん)
スタートし、走り出すシザーズ!(スタイリスト戸島大空さん)

そんな「Hair Create BuZZ」さんが、2017年2月14日(火)、開設10周年を迎えます。

さらに、2016年12月には、BuZZのスタイリスト・笹木円さんとBuZZアシスタント・山崎あゆみさんお二人が、美容研究家・樋口賢介氏が全プロディースするビューティーヘアエステ「MIYABINAヘッドケアスクールを終了され、「MIYABINAビューティーヘッドエステティシャン」の認定証を見事最高の成績で取得されました。

おめでとうございます!!!

「MIYABINAビューティーヘッドエステティシャン」の資格認定証
「MIYABINAビューティーヘッドエステティシャン」の資格認定証

このトリプルお祝いを記念して、BuZZの宮澤 芳憲店長にお話を伺いました。お忙しい中、お時間を頂き、ありがとうございました。

店長・宮澤 芳憲(Yoshinori Miyazawa・41歳)さんのお話

宮澤 芳憲店長
宮澤芳憲 店長

「2007年にスタートしてから、やっと10年ですが、あっと言う間の10年でした。
本当に沢山の人々に支えられて、スタッフ、お客様、仲間、家族も含め、たくさんの人々の力でやってこれたと思います。

この店の立ち上げの時は、本当に大変で、本気で逃げようかと思ったほど苦しかったです。その一番苦しかった時に、地元の沢山の仲間達が、色んな形で応援してくれました。仲間の支えがあったからこそスタートできたお店です。そして、今があるのは、応援し支えてくださっている皆さんのおかげです。心から感謝しています。

この10年の間で、スタッフは多い時で10人を超え、月間1,300人を超えるお客様にお越しいただいた時期もありました。しかし、今振り返ると、仕事内容的にもオーバーワークだったように感じます。

5年を過ぎた頃から、スタッフ人員の減少があり、悩んだこともありました。現在は職員7名、アルバイト3名、そして昼食の賄いの方(交替で3名)で運営しています。今は、お客様との会話も充分にあり、ゆとりある良い時間の流れの中で、仕事ができています。今後もお客様との接点を丁寧に大切にしていきたいと思います。

開放感あふれる待合いスペース
開放感あふれる待合いスペース

今後、お客様が求められるものは、癒やしであったり変化していくと思います。今回スタートしたばかりの「MIYABINA」のように、カットだけではなく変化に対応して、スタッフ自身が希望し選択できる専門的な技術を幅広く身につけ、さらに上達し極めていけるような、環境づくりに努めていきたいと思います。

スタッフとは、食事や飲み会、旅行、キャンプなど年2〜3回は一緒に行っています。共に過ごす時間は、家族より多いかもしれません。

これまで、そしてこれからも、お客様、スタッフ、仲間と共に接する中で、お互いに良い時間を過ごしながら、良い年をとっていきたいと思います。

今年の夏は、地元でお客様を交えて、10周年記念のイベントを計画中なので、楽しみにしていてください」。とお話してくださった、ブラックカラーがカッコイイ宮澤 芳憲店長です。

出会いに感謝!!!
出会いに感謝!!!

滝川市のご出身。美容師のお仕事が大好きで、滝川で修行し、滝川で美容師としてずっとやってきて、一度も滝川市を出たことがないとおっしゃる宮澤店長。

地元に対する想い、いつも支えてくれる仲間への感謝の気持ち、繋がり合うすべての人々に対する感謝と幸せを、自分自身の喜びとして、常に心に抱き続けていらっしゃる素敵な宮澤店長です。

スタッフの皆さん
スタッフの皆さん:(前左より)笹木円さん、山崎あゆみさん、
(奥左より)戸島大空さん、長洞拓海さん、宮澤芳憲店長、白川晃司さん、深江佑介さん

スタイリスト・深江佑介(Yusuke Fukae)さんの感想

「Smartインテリア ′16 秋冬」の表紙に掲載される程センスバツグンの深江佑介さん
Smartインテリア’16 秋冬」の表紙に掲載される程インテリアセンスバツグン、
さらにお料理も上手でインスタグラムで発信中の深江佑介さん

「気づけば10年も経っていたのですが、BuZZでの10年間はスタイリストとしてお客様により密に接することが多くなった期間になります。

この10年間で色々な方との繋がりができ、お客様と顔を合わせてお互いに良い関係を築ける仕事に就けたことに感謝しています。

正直楽しいことも辛いこともあった10年間でしたが、年々スタッフ同士がコミュニーケーションを取り合い、今よりもお店を良くしていこうという想いがより強くなれた期間だと自分は思っています。

これからまたみんなで一丸となって新しいチャレンジをしたり、こうして振り返ったりを繰り返しながらより良いお店づくりをしていきたいと心から思っています」。

スタイリスト・笹木円(Madoka Sasaki)さんの感想

明るくて優しい笑顔の笹木円さん
明るくて優しい笑顔の笹木円さん

「早いもので、バズは10周年を迎えることとなります。これも一重に皆様のご愛顧のおかげとスタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

10年…あっという間のような、そうでないような…色々なことがありました。ですが、オーナーやスタッフ友人、両親そしてお客様に支えられ、ここまで、美容師を続けてこれたと思っています。良いスタッフに恵まれ働ける事に本当に感謝しています。

これからも、お客様の笑顔をたくさん見れるように日々勉強し続けて、バズの仲間と共により良い美容室を目指して、やっていきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いします」。

MIYABINAビューティーヘッドエステティシャン」(ヘッドエステリスト)のお二人のお話

MIYABINAビューティーヘッドエステティシャンの二人(笹木円さん&山崎あゆみさん)
MIYABINAビューティーヘッドエステティシャンの二人(笹木円さん&山崎あゆみさん)

「いままで、頭皮をもみほぐすことをしてきたのですが、筋肉を意識することはあまりありませんでした。今回のMIYABINAでは、筋繊維に沿って、顔のたるみ等を意識して引き上げたり、しっかり止めたりすることが特徴になっています。

動きは同じように見えるマッサージでも、深層部までダイレクトに圧力をかけていく特殊な手法で、力加減などアプローチの仕方が全く違います。ツボを刺激することによって、滞っている筋肉、神経、血液、リンパ液、エネルギーの流れを整えていきます。

几帳面で聡明な山崎あゆみさん
几帳面で聡明な山崎あゆみさん

使う商材もすべて入れ替えて、MIYABINAが独自開発されたものを使用し、お客様の体質や体調に合わせて、トリートメントをアレンジします。

いままでのヘッドエステは、癒やしの効果、リフレッシュ効果でしたが、MIYABINAの場合、肌の張り、リフトアップ効果などさらに深く広い全身美容につながる様々な効果をもたらす素晴らしいビューティーケアです。

今後、さらに技術や知識を深めて、お客様のより良いものが提供できるよう深く学んでいきたいと思います。

現時点で、このMIYABINAヘッドエステを受けることができるのは、北海道ではここBuZZだけです。是非、新ブランドMIYABINAヘッドエステを経験してみてください。お待ちしています!!!」。

あどけない瞳がキュートな笹木円さん
あどけない瞳がキュートな笹木円さん
癒やしの空間
癒やしの空間

MIYABINA ヘッドエステについて

ヘッドエステルーム
ヘッドエステルーム

MIYANBINA ビューティーヘアエステは、一枚皮で繋がっている顔と頭の皮膚・筋肉・リンパに働きかけ、揉みほぐし、引き上げていくオリジナル頭筋ストレッチ・メソッドです。

頭皮マッサージは、血行促進し、酸素や栄養を隅々まで行き渡らせ、ストレスの緊張暖和、眼精疲労の回復、首や肩こりの改善、育毛、白髪予防、美肌づくりなど様々な効果を発揮します。

頭皮をもみほぐすことによってリフトアップし、潤いを残しながら、汚れを除去していきます。血行促進にる美肌ケアにより、根元からふっくら弾力のある髪の毛を育てるヘッドエステプログラムです。

すべてのアイテムに、抗酸化作用のある「桜の花エキス」、育毛 & 発毛効果を促す「黒寿仙」という黒大豆エキス・あずきエキスがふんだんに配合されています。さらに、独自の和のアロマがブレンドされているので、芳香浴セラピーが実感できるヘッドエステ。

MIYABINAセット
MIYABINAセット

MIYABINA ヘッドケアメニュー(施術時間60分)

頭部「マッサージ」「水洗い」「ディープクレンジング」『マッサージクレンジング」「内部補修トリートメント」「キューティクルケアトリートメント」「アフターマッサージ」「頭皮に潤い補給」を行っていきます。

・ビューティケアで、頭の筋肉をほぐし動かして引き上げることによりリフトアップの美容効果をもたらされます

・独自開発(株式会社ピアセラボとの共同開発)されたクレンジングやトリートメントで、必要な潤いは奪わずに、汚れを取り、潤いを与え、良い頭皮環境を整えていくスキンケア

・和の植物成分と香りにより、日常と異なる深いリラクゼーションが与えられます

MIYABINAのヘッドエステ
MIYABINAのヘッドエステ

BuZZは、私達にとっての「最高の癒やしのひととき」であり「美と健康を保つための最適な身体お手当空間」

BuZZは、私達がいつもお世話になっている美容院。
仕事柄、長時間パソコンに向かっている私達は、目の疲労と肩こりがひどく、ヘッドエステを行っている美容院を探していた時、4年前に出会ったお店です。

特にnoboruさんは、後頭部の血流不足が起きないように、頭部マッサージは必須。最初から深江さんにカットとヘッドエステを担当して戴き、丁寧な力強いマッサージのお陰で、良い状態を保つことができています。頭部マッサージが後頭部の血流不足改善に効いていることは間違いないと確信!
今では、深江さんのヘッドマッサージなくしては、noboruさんの健康状態はあり得ないと言えるほどお世話になっていて、大変感謝しています。

そして、ikukoのカット担当は笹木円さん、ヘッドエステ担当は山崎あゆみさん。いつも素敵な髪型にカットして戴き、さらに石のように固い肩や頭筋を見事にもみほぐしていただいています。

私達にとって、BuZZは、「最高に癒やしのひととき」であり、健康を保つための「最適な身体お手当」の空間です。

人々の出会いと繋がりに感謝し、
思いやりとあたたかな真心に満ち溢れた、
癒やしの空間「Hair Create BuZZ」に、
限りない愛と感謝と祈りをこめて。。。

「BuZZ 9th Anuiversary」(2016年)にお客様からのプレゼント!
「BuZZ 9th Anuiversary」(2016年)にお客様からのプレゼント!
キッズコーナーに飾られた写真プレート
キッズコーナーに飾られた写真プレート

写真(100枚)はこちら >>

▶ 関連記事

美容師イベント・CDE@TAKIKAWA (クリエイティブ デザイン エキシビション)2015(滝川市)(2015年11月15日)

☆ noboru & ikuko

ヘアークリエイト バズ・Hair Create BuZZ

地図:ヘアークリエイト バズ・Hair Create BuZZ北海道滝川市明神町3丁目7-34
Tel:0125-24-7555

【営業時間】予約優先
・[平日] 09:30~18:00
・[日祝] 09:00~17:00
【定休日】 
・火曜日、第1・第3月曜日
【駐車場】 店前横に10台分程あり

【ホームページ】ヘアークリエイト バズ・Hair Create BuZZ

須藤ご夫妻宅に訪問(弟子屈町美留和)

2016年7月4日(月)

先日、足寄町での「畑でレストラン」に参加した翌日、足寄町から北東へ約100km、弟子屈町美留和(てしかがちょうびるわ)の須藤直武&まきご夫妻を訪問しました。

須藤ご夫妻は、北海道新聞の大先輩公認ブロガーです。私達が道新から委嘱を受け公認ブロガーとなったのが2013年、須藤ご夫妻は、2006年に委嘱されていらっしゃるベテランブロガーです。

私達が道新ブログをスタートし始めたころ、「道東へいらっしゃるときはご連絡くださいね」と、温かいコメントを下さった須藤夫妻。今回、お二人の道新ブログのコメント欄に、訪問したいという意思をお伝えしたところ、快くうけいれてくださり訪問が叶いました。

須藤家ご自宅
須藤家ご自宅

須藤ご夫妻が弟子屈町に移住されたのは2004年(平成16年)。
東京で大手AV機器メーカーのサラリーマン時代を過ごされたご主人。定年後のスローライフを思案していた折、通勤途上ふと見にした地下鉄の中の広告。美留和の地を開発した地元業者の広告で、弟子屈町で田舎暮らしをしませんかという内容。

なんとなく心惹かれ、「弟子屈町」という名前が記憶に刻まれました。さらに不思議なご縁に導かれる出来事が・・・

奥様まきさんが「北海道への移住を考え中」と友人に言っていたところ、友人から「知り合いが、北海道で家を売却したいと言っている」というお話が。その場所が、なんと弟子屈町美留和。
すぐに美留和を訪問。驚いたことに、その土地・家屋は、ご主人が以前見た広告の地元業者が開発したものであることも判明。

そして、そこに存在したものは、お二人にとっての理想的な環境と建物でした。ご主人が北海道旅行で印象に残っていた道東の景色、奥様が若いころ旅して感動したヨーロッパの風景が広がっていたのです。
その後、シーズン毎に弟子屈町を訪問。冬の北海道も経験し、心を決めて契約。
偶然が重なり必然となりました。

それから12年の年月が過ぎ、現在お二人は美留和でのスローライフを満喫されていらっしゃいます。

また、直武さんは、弟子屈町から移住アドバイザーを委嘱され、定期的に東京へ出張されたり、町を訪問される移住希望者の相談に乗られたり、ご活躍中!

まきさんは、地元の様々な活動に参加され、充実した日々を過ごされていらっしゃいます。地元のお仲間と「チーズづくり」をしたり、ご夫妻で「てしかが国際交流会(TIA)」の役員として積極的に活動されています。

須藤さんのお宅へは、ナビを頼りに訪れたのですが、ナビでは探し当てるのは困難!迷ってお電話をしたところ、近くまで迎えに来てくださいました。ありがとうございました。

須藤家のご自宅は、まさに森の中!!!
周辺は樹木に囲まれ、池が存在する見渡す限りのお庭・・・
海外の別荘地のような異空間が広がっています。

池のあるお庭
池のあるお庭

まずは、広〜いお庭を直武さんが、ゆっくりと案内してくださいました。

お庭を案内してくださった須藤さん
お庭を案内してくださった須藤さん
井戸水
庭にある井戸
庭に咲く可憐な花々
庭に咲く可憐な花々
玄関へ続くアプローチ
玄関へ続くアプローチ

一回りして、ご自宅の中へ。。。

・広いリビング

リビングルーム
リビングルーム

・ダイニングテーブル

ダイニングテーブル
ダイニングテーブル

・キッチン

キッチン
キッチン

・ベッドルーム

ベッドルーム
ベッドルーム

・トレーニングマシンが置かれたパウダールーム(トイレ)

パウダールーム
パウダールーム

・温泉が湧き出るバスルーム

温泉付きバスルーム
温泉付きバスルーム

・観葉植物のサンルーム

サンルーム
サンルーム

・ゲストルーム

ゲストルーム
ゲストルーム

・ゲスト用パウダールーム(トイレ)

ゲスト用トイレ
ゲスト用トイレ

・薪ストーブ

暖炉
暖炉

香り高い珈琲とともに、美味しいお菓子、フルーツ、アイスクリームなどたくさん頂きながら、移住してからの様々なお話に楽しい時間が流れていきました。

素敵なひとときをありがとうございました。お二人のあたたかいおもてなしに心から感謝致します。

真心のこもったおもてなしに感謝!!!
真心のこもったおもてなしに感謝!!!
奥さま手作りのチーズ
奥さま手作りのチーズ

お二人にお逢いできて、とても嬉しかったです!
ありがとうございました ♡

素敵な笑顔の須藤直武&まきご夫妻に
心からの感謝をこめて。。。

素敵な須藤ご夫妻 ♡
素敵な須藤ご夫妻 ♡

写真(23枚)はこちら >>

関連ページ

道新ブログ『美留和の四季』(須藤まき&直武)

☆ noboru & ikuko

弟子屈町(てしかがちょう)

弟子屈町:地図【面積】 774.5 km²
【人口】 7,672 (2016年5月末)
【世帯】 3,956 (同上)
【気象】 弟子屈地区(最高気温:34.2℃/最低気温:-21.6℃)
【ホームページ】弟子屈町