サンプリンセス乗船記10完・北海道周遊とサハリン <出会った人々編>

2014年8月4日(月)

素敵な人々との出会いがありました。

ディナーシーティングでご一緒させて頂いた
ご主人が88歳、奥様82歳の仲の良いご夫妻、
今回の船旅は還暦祝いの記念旅行という素敵なご婦人方、
美味しいお料理をいただきながら、
旅行のお話、人生観などいろんなお話に花が咲きました。

ディナーシーティングでご一緒した、素敵なご婦人おふたり

船旅最終日の記念写真、素敵なお姉様方とご一緒に
船旅最終日の記念写真、素敵なお姉様方とご一緒に

レストラン総支配人・ジェネローソ・マッツォーネさん

総支配人ジェネローソさんとご一緒に
総支配人ジェネローソさんとご一緒に
総料理長カルロ・ペルシアさん&総支配人ジェネローソさん とデイナーテーブルを囲んで
総料理長カルロ・ペルシアさん&総支配人ジェネローソさんと
デイナーテーブルを囲んで

イタリア生まれのジェネローソさんは
1983年にジュニアウエイターとして、プリンセス・クルーズの一員となり、
1998年にメートルディ(レストラン総支配人)となり、
これまで8つの新しいプリンセス船に乗船し、ご活躍されていらっしゃいます。

優しい心遣い・おもてなしの熱い心が感じられるジェネローソさんです。

客室担当クルーのPanyaさん

毎日、とても丁寧にベットメーキングをしてくださいました。
一粒チョコのおもてなしをありがとう!

客室担当クルー・Panyaさん
客室担当クルー・Panyaさん

ホライゾンコート・JPウェイター・Hardikaさんとウェイター・Poommiさん

食事の時、いつも明るくおもてなし ♬
楽しいひとときをありがとう!

JRウェイター・Hardikaさんとウェイター・Poommiさん
JPウェイター・Hardikaさんとウェイター・Poommiさん

サン・プリンセス専属カメラマン

フォーマルウェアの日には、バックシーンが異なる7ヶ所がセッティングされ、
それぞれ様々なポーズで撮影が行われました。
ハンサムボーイのカメラマンさん、
ナイスな写真をありがとう!

サン・プリンセス専属カメラマンさんとパチリ!
サン・プリンセス専属カメラマンさんとパチリ!

サン・プリンセス専属 Photo&Vedeo Gallery「Platinum Studio by Joe Craig」、Platinum Studio Artist・David Priddyさん

プラチナスタジオアーティスト・Davidさんと一緒に
プラチナスタジオアーティスト・Davidさんと一緒に

これまで味わったことのないモノクロの世界。

デイビットさんのスタジオは、
色彩に囚われない、ありのままの真実の世界に、
限りなく近づいていくような、
神秘な空気感に包まれていました。

最高に素敵な写真をありがとう!

旅での出逢いは、旅の究極の魅力!!!

肩の力を抜いて、自然にありのままに
呼吸するように旅する。

気持ちを開放して、瞬間を楽しんで、
毎日を豊かに暮らすように旅していく。

旅するように歩んで行く人生航路。。。

旅のすべての出逢いに心からの感謝をこめて。。。

プラチナスタジオフォト
プラチナスタジオフォト
プラチナスタジオフォト

◆ 関連記事・ページ

サン・プリンセス乗船記1 <全体編>
サン・プリンセス乗船記2 <船内編>
サン・プリンセス乗船記3 <食事編>
サン・プリンセス乗船記4 <ナイトショー編>
サン・プリンセス乗船記5 <船内イベント編1>メートルディーワインクラブ
サン・プリンセス乗船記6 <船内イベント編2>料理デモ&厨房見学ツアー
サン・プリンセス乗船記7 <ツアー編1> 函館オプショナルツアー
サン・プリンセス乗船記8 <ツアー編2> コルサコフ(サハリン)
サン・プリンセス乗船記9 <景色編> 知床半島クルーズ
サン・プリンセス乗船記10完 <出会った人々編>

サンプリンセス・客船の紹介 <公式ホームページ>

☆ noboru & ikuko

サンプリンセス乗船記9・北海道周遊とサハリン <景色編> 知床半島クルーズ

2014年8月1日(金)

知床半島クルーズ
知床半島クルーズ

知床半島クルーズは、
波も穏やかで、海と空がひとつになって、
青くどこまでも広がって、
それはそれは素晴らしき景色の連続。。。

知床半島をサン・プリンセスより望む
知床半島をサン・プリンセスより望む
知床半島
知床半島
海と空がひとつになって
海と空がひとつになって
水平線の彼方
水平線の彼方

水平線の彼方に沈みゆく夕陽の
あまりの美しさに 言葉をなくし
ただ呆然と佇む。。。

オホーツク海に沈む夕陽
オホーツク海に沈む夕陽
オレンジ色に染まる海と空
オレンジ色に染まる海と空
絵画のような風景
絵画のような風景

自然の偉大で優美なる姿に魅了され、
陶酔した瞬間でした。

コルサコフ港の沖に停泊してる船舶
コルサコフ港の沖に停泊してる船舶

その他の写真はこちら >>

◆ 関連記事・ページ

サン・プリンセス乗船記1 <全体編>
サン・プリンセス乗船記2 <船内編>
サン・プリンセス乗船記3 <食事編>
サン・プリンセス乗船記4 <ナイトショー編>
サン・プリンセス乗船記5 <船内イベント編1>メートルディーワインクラブ
サン・プリンセス乗船記6 <船内イベント編2>料理デモ&厨房見学ツアー
サン・プリンセス乗船記7 <ツアー編1> 函館オプショナルツアー
サン・プリンセス乗船記8 <ツアー編2> コルサコフ(サハリン)
サン・プリンセス乗船記9 <景色編> 知床半島クルーズ
サン・プリンセス乗船記10完 <出会った人々編>

サンプリンセス・客船の紹介 <公式ホームページ>

☆ noboru & ikuko

サン・プリンセス乗船記8「北海道周遊とサハリンクルーズ8日間」2014 <ツアー編2>コルサコフ(サハリン)

2014年7月30日(水)

聖ニコライ教会、サハリン州郷土博物館、レーニン広場等をバスでまわるコースです。

サン・プリンセスは、コルサコフ(ロシア連邦サハリン州)港沖に停泊しており、コルサコフ港へはサン・プリンセスに搭載されているテンダーボート(救命ボート)で渡ります。波に揺られ、約15分で到着!

テンダーボート
コルサコフ港到着

バスに乗車し、聖ニコライ教会へ向けて1時間のドライブ。
道中から見える建物は、コンクリートのビル(アパート風集合住宅)が点在。空気が乾燥していて、埃っぽい感じ。

バスから望む、「海に浮かぶサン・プリンセス号」

車道はアップダウンの多い3車線道路。
登りが2車線に、下りが1車線になっていました。
走行している車は、ほとんどが右ハンドルの日本車でびっくり。

集合住宅ビル

▶ 聖ニコラス教会

時間の都合で中に入ることはできませんでしたが、外側から建物を見学。屋根のてっぺんに輝く黄金のタマネギ型ドームが美しい。

聖ニコライ教会

サハリン州の州都であり、最大都市のユジノサハリンスクへと向かいます。

町の中心には、日本統治時代の北海道拓殖銀行の建物が残されており、現在は州立美術館として使われているそうです。

▶ サハリン州郷土博物館

かつて日本の統治下に置かれていたころ設立された旧樺太庁博物館。

サハリン州郷土博物館

サハリンの歴史、文化、芸術に関わる収集品が数多く展示されています。

博物館内展示

博物館前の噴水広場では、結婚式の写真撮影が行われていました。

噴水前でウェデイング撮影

▶ ロシア革命の指導者

ユジノサハリンスク駅前のレーニン広場には、レーニン像がまだ健在。

レーニン広場のレーニン像

▶ お土産特設コーナー

広場の近くにある文化センター内に土産販売コーナーが特設され、
マトリョーシカをはじめ、日本円で購入できるお土産がずら〜り。

マトリョーシカ

ロシアの街並みを見学しながらの4時間のバスツアー。
ビザの関係で自由行動はできませんでしたが、
見知らぬ国ロシアの街並みの空気感をちょっぴり味わえました。

ロシアは極寒の地としてのイメージを持っていましたが、
真夏のロシアを実感して、イメージが変わりました。
コンクリートの建物と日本車が多いのにはびっくりです。

テンダーボートで船にもどり、船内でゆっくりと遅めの昼食を戴きました。

あさりのパスタ

その他の写真はこちら >>

◆ 関連記事・ページ

サン・プリンセス乗船記1 <全体編>
サン・プリンセス乗船記2 <船内編>
サン・プリンセス乗船記3 <食事編>
サン・プリンセス乗船記4 <ナイトショー編>
サン・プリンセス乗船記5 <船内イベント編1>メートルディーワインクラブ
サン・プリンセス乗船記6 <船内イベント編2>料理デモ&厨房見学ツアー
サン・プリンセス乗船記7 <ツアー編1> 函館オプショナルツアー
サン・プリンセス乗船記8 <ツアー編2> コルサコフ(サハリン)
サン・プリンセス乗船記9 <景色編> 知床半島クルーズ
サン・プリンセス乗船記10完 <出会った人々編>

サンプリンセス・客船の紹介 <公式ホームページ>

☆ noboru & ikuko