音威子府村【No.002】軽車中泊で北海道巡り・春

2017年3月29日(水)

軽車中泊で北海道巡り【No.002】は、「道の駅おといねっぷ」(音威子府村)。

計画では、「道の駅わっかない」にて車中泊予定でしたが、時間に余裕ができたので、翌日の移動距離を少なくするため急遽変更。南下して「道の駅おといねっぷ」での車中泊となりました。

当日は、朝6時に北竜町を出発。留萌市から、日本海の海岸線のオロロンラインを北上し稚内市へ。

オロロンラインドライブ
オロロンラインドライブ

撮影で停車しながら約210kmをドライブ。11時半頃、日本最北端の道の駅「道の駅わっかない」に到着。ランチは、駅内の「食事処ふじ田」にて。

お食事処ふじ田(道の駅わっかない)
お食事処ふじ田(道の駅わっかない)

その後、稚内市旧瀬戸邸(旧瀬戸家住宅主屋)を見学。

旧瀬戸邸
旧瀬戸邸

そして、宗谷公園内の津軽藩兵詰合の記念碑拝見にいったのですが、記念碑は雪に埋もれていました。

津軽藩兵詰合の記念
津軽藩兵詰合の記念

さらに、最北端の宗谷岬へ。

宗谷岬
宗谷岬

そこから南下して、猿払村、中頓別町を通って、音威子府村「道の駅おといねっぷ」へ。宗谷岬から120km、約2時間のドライブです。

その日の温泉は同町内の「天塩川温泉」。

天塩川温泉
天塩川温泉

音威子府住民保養センターである天塩川温泉内のレストランにて夕食。天塩川温泉源泉水使用の「源泉蕎麦」をいただきました。
天塩川温泉から北へ9.4km、車中泊先である「道の駅おといねっぷ」へ。

夜の最低気温は、マイナス7℃程。足元が少し冷えるくらいで、それほどの寒さを感じることなく睡眠できました。

「道の駅おといねっぷ」にて車中泊
「道の駅おといねっぷ」にて車中泊(就寝中はエンジンストップ)

今回車中泊では、オロロンラインを通り、道北をぐるりとまわるドライブ。

次回からは、一つの町をじっくりと巡るという目的を定めて、まるごと1日かけて町の魅力探しをしてみたいと思います。

川面に輝く朝の光
川面に輝く朝の光
2日間のドライブ 約540km
2日間のドライブ 約540km

写真はこちら >>   ・オロロンライン(57枚)   ・道の駅わっかない(38枚)   ・キタキツネ@旧瀬戸邸(7枚)   ・旧瀬戸邸(79枚)   ・津軽藩兵詰合の記念碑(5枚)   ・宗谷岬(17枚)   ・天塩川温泉(11枚)   ・道の駅おといねっぷ(11枚)  

関連記事

旧瀬戸邸(稚内市)で霧笛を鳴らす(2017年4月5日)
雪に埋もれる津軽藩兵詰合の記念碑(稚内市)(2017年4月4日)
日本最北端の地・宗谷岬(稚内市)(2017年3月31日)
道の駅わっかない(稚内市)で「ポテラーナワッカナイ」を味わう(2017年3月30日)
オロロンラインドライブ(道北)(2017年3月28日)

☆ noboru & ikuko

東川町【No.001】軽車中泊で北海道巡り・冬

2016年12月21日(水)

軽車中泊で北海道巡り【No.001】は、東川町。
先日、エブリイワゴンでの車中泊がスタート!

この町を訪れるきっかけになったのは、東川町にある「モンベル大雪ひがしかわ店」にて開催された井上浩輝さんの個展「PORTRAIT KIKAKITUNE」(開催:12月15日〜2017年1月15日)への訪問です。(東京カメラ部・井上浩輝さん紹介ページ

井上浩輝さんの個展「PORTRAIT KIKAKITUNE」
井上浩輝さんの個展「PORTRAIT KIKAKITUNE」

井上さんの作品は、2016年ナショナルジオグラフィック旅行写真コンテストのNature部門で、日本人として初めて第一位に輝きました。作品は、「Wherever you go, I will follow you!!」。

その素晴らしい作品を始め、北海道のキツネたちの様々な表情が描かれた見事な作品の数々です。

素晴らしいキツネたちの作品の数々
素晴らしいキツネたちの作品の数々

キツネたちの生態を知り尽くした井上さんのユニークなお話も沢山伺えて、素晴らしい感動的なひとときでした。

個展訪問後、忠別湖へと向い、そこで出会った素晴らしい景色。。。
忠別湖から望む大雪山連峰・旭岳。薄紅の空と薄いベールをまとった真っ白な大雪山連峰がとても神秘的で感動しました。

浮かび上がる大雪山連峰
浮かび上がる大雪山連峰

日帰り温泉処、目指すは、天人峡温泉「天人閣」。
天人峡温泉は、明治33年創業以来、116年を誇る自然湧出源泉100%かけ流し温泉です。

自然の岩壁を活かした岩風呂(渓谷の岸癖をそのまま残して浴室が造られています)。歴史を物語る重さを感じる温泉です。水道の蛇口から熱いお湯が出なかったのが残念!

天人峡温泉「天人閣」
天人峡温泉「天人閣」
温泉前の川
温泉前の川

そしてその日の夕食は、道の駅「道草館」に隣接する居酒屋「りしり」にて。
女将さんも若旦那もとても気さくで明るいおもてなし。
カウンター席に座ったので、地元の色んなお話が伺えて楽しかったぁ〜。
煮魚、焼き魚、串焼きなど、美味しいお魚を思う存分堪能しました。

居酒屋りしり
居酒屋りしり
女将さんと若旦那の素敵な笑顔
女将さんと若旦那の素敵な笑顔
鱈とあさりときのこの酒蒸し
鱈とあさりときのこの酒蒸し

初車中泊場所は、ひがしかわ道の駅「道草館」にて。
夜中は、マイナス16℃の気温でしたが、着込みすぎて息苦しいくらいあったかでした。「道草館」のトイレは24時間照明と暖房が入っていて、とっても快適に利用でき、ありがたかったです。

道の駅夜間通行口の店内
道の駅夜間通行口の店内
明るい清潔なトイレ内
明るい清潔なトイレ内
東川町のピンポイント天気
東川町のピンポイント天気

車中泊、第1日目は無事終了しました。

気温マイナス16℃の中での車中泊
気温マイナス16℃の中での車中泊

▶ 写真はこちら >> 忠別湖(7枚)旭岳(72枚)東川町の風景(26枚)道の駅ひがしかわ道草館(15枚)

▶ 関連記事

早朝の冬景色(東川町)(2016年12月22日)
写真家・井上浩輝さんの個展・PORTRAIT KIKAKITUNE(東川町)(2016年12月23日)
居酒屋りしり(東川町)で美味しいお料理と楽しい時間(2016年12月26日)
北の住まい設計社カフェ&ベーカリー(2016年12月27日)

☆ noboru & ikuko

東川町(ひがしかわまち)

東川町東川町役場
北海道上川郡東川町東町1丁目16番1号
Tel:0166(82)2111(代)

【面積】247.06 km2
【人口】7,857 人(2016.3.31)
【高齢化率】32.4%(2016.1.1
      
【ホームページ】写真の町 北海道上川郡東川町